ADMIN TITLE LIST
 昨日は埼玉秩父は長瀞の宝登山(ほどさん)へ。麓には宝登山神社もあるけれど、目的はそこからロープウェイでゆく神社奥宮。この時期は蠟梅が見頃で、いや実に見事ではあるが、山頂は寒すぎ。折しも新潟では大雪のニュースが流れていたが、この日は秩父も朝から雪が降ったそうで、午前中はとにかく風も強くて厳しい。ロープウェイの待ち時間もそれなりにあるので、出かけられる方はしっかりした防寒準備があると吉。だが寒い分だけ、降りてから茶屋でいただく味噌おでんや葛湯の旨さがひとしお。
 ちなみにあと一、二週間もすれば、すぐ隣にある梅百花園の梅も見頃となる。近所には有名な長瀞の岩畳もあるし、シーズンには川下りもあるわけで、秩父、意外に楽しめる。


 昨日の寒さが堪えたか、あるいは久々のドライブで疲れたか、本日は一日中引きこもり。東宝特撮やコロンボを消化しようとも思ったが、しばらくハリウッド製のSF特撮ものを観ていなかったのでレンタルショップへ。『G.I. ジョー』とか『ウルバリン』とか『ノウイング』とか『スタートレック』とか、こういうのもちょっと油断しているとすぐに宿題が溜まってくるわけで。とはいえ一つひとつの作品には意外と思い入れがない、ヌルいファンとしては、シリーズものは後回しにして今回は『G.I. ジョー』をチョイス。

 元々は玩具のフィギュア、それがアニメになって、今回の実写映画化ということで、端から内容にはそれほど期待していない。期待するのは他の似たようなSF特撮ものと比べ、どれぐらいオリジナリティを出しているか、というところ。そこはグラフィックにこだわらず、ストーリーや演出等、何でもいいのだが、最近はけっこうメジャーな作品でもガッカリすることが多いんだよなぁ。『ターミネーター4』とか『エイリアン3』とかは狙いは面白いんだけど、全然昇華されてない代表。
 本作も期待していない分、ガッカリとまではいかないけれど、『G.I. ジョー』ならではというものはない。チーム戦ということでは『ファンタスティック4』みたいなバトル、コミカルな演出は『ハンコック』、『バットマン』や『アイアンマン』みたいなコスチュームや武器など、どこかで観たような演出やシーンが目白押し。
 見どころは中盤のカーチェイスというかマンチェイスw。死と隣り合わせというカーチェイスの演出を、強化スーツという設定によって幅を一気に広げており、ここは素直に脱帽。見せ方を工夫しており、アクションが好きなら楽しめるはずだ。
 反対に駄目なのはストーリーというか基本設定。なんか敵味方の登場人物がみな過去に因縁があって、世界の平和はあまり関係がないような……。そのために意外にスケール感がなく、小粒な印象。また、続編への振りがあざとすぎるのもマイナス要素。
 そんなこんなで、基本的にはまずまず楽しめるものの、ま、興味ない人はスルーしてもまったくOK。ちなみにイ・ビョンホンのファンはどういうふうな感想をもったのか、ちょっと気になる(笑)。






ポール・ブリッツさん

お、アニメ版の世代ですか? 田中亮一といえばコブラコマンダーですね。この映画でも、アニメの設定はある程度使っていましたよ。
【2010/02/09 00:58】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

「GIジョー」ならやっぱり田中亮一氏の声で

「コ~ブラ~ァ~!!」

っていってくれないとなあ。
【2010/02/08 21:14】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説