ADMIN TITLE LIST
 かつて早川書房の「世界ミステリ全集」に収録されたアンソロジー『37の短篇』。その中から現在では入手して読むことが難しいレアものばかりを集めた本が『天外消失』だったわけだが、本日の読了本『51番目の密室』は、その続刊にあたる。
 とはいえ、本作のレア度は『天外消失』に比べるとかなり落ちる。集める手間はそれなりにかかるだろうが、それでも新刊書店で探せる物もあるし、ネットの古書店を回ればほとんどが簡単に入手できるはずだ。

 ここからは想像だが、おそらく本書は『天外消失』の評判やセールス(もしくはその両方)がよかったための臨時企画。あとは巻末の<座談会>を収録しておきたかったのであろう。
 以前に、某書評家さんのブログで、この<座談会>の必要性を目にしたことがあるのだが、今回、現物を読んで納得。これは当時の短篇の状況を総括しつつ、『37の短篇』というアンソロジーの意義を語り、しかも優れた書評にもなっているという、実にためになる座談会なのである。「優れた短篇」というテーマにとどまらない、編者たちの「意志」をそこに読み取りたい。小鷹さん、いいなあ。

 51番目の密室

 言わずもがなのことだが、収録作のレベルはもちろん高い。内容も本格からサスペンス、おバカな作品も意外に多く、実にバラエティに富んでいて楽しめる。
 おすすめの筆頭はクリスチアナ・ブランドの「ジェミニイ・クリケット事件」。創元の『招かれざる客たちのビュッフェ』に収録されているもの(英版)とはラストが違っていて、個人的には本書に収録されている米版の方が好み。
 他には「51番目の密室」とか「魔の森の家」とかのホラ話系(笑)、「少年の意思」や「燈台」といったホラー、サスペンス系も読み応えアリ。ただ、全体的に既読率が高くなるのは、致し方ないところか。

 最後に収録作を。『37の短篇』から本書に収録されているのは12作。『天外消失』に収録されているのが14作だから、これで計26作がポケミス化されたことになる。ポケミスでも文庫でもいいけど、どうせここまでやるなら、最初から全部オリジナルのまま出せばよかったのに、なんて野暮なことはこの際言うまい(いや、言ってるじゃん)。

クレイグ・ライス「うぶな心が張り裂ける」
ヘレン・マクロイ「燕京綺譚」
カーター・ディクスン「魔の森の家」
ロイ・ヴィカーズ「百万に一つの偶然」
Q・パトリック「少年の意思」
ロバート・アーサー「51番目の密室」
E・A・ポー&ロバート・ブロック「燈台」
コーネル・ウールリッチ「一滴の血」
ロバート・L・フィッシュ「アスコット・タイ事件」
リース・デイヴィス「選ばれた者」
エドワード・D・ホック「長方形の部屋」
クリスチアナ・ブランド「ジェミニイ・クリケット事件」
<座談会>短篇の魅力について


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





>ポール・ブリッツさん
いえいえ~お気になさらず。
【2010/07/07 00:01】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

あ、すみません、誤読してました(汗)

変なふうに突っ込んで申し訳ありません(汗汗)
【2010/07/06 07:00】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]

>ポール・ブリッツさん
あれ?
私が言ってるのは、『37の短篇』をそのまんま文庫化すれば良かったのに、ってことですよん。

ところで『アデスタに吹く冷たい風』は、10年ほど前に復刊したのを買ったのはいいんですが、それっきり積ん読の山で行方不明です。これを機にそろそろ捜索して感想をアップしたいところであります。
【2010/07/06 00:28】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

「北イタリア物語」、よく調べてみたら「密室殺人傑作選」に入って文庫落ちしていたのですか。

わたしが知っているのはポケミスバージョンのみでしたので、つい絶版かと……。

調べてから書くものでありました……(汗)。
【2010/07/05 18:35】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]

そうはおっしゃりますけど、ここに入っている作品を古本ネットとか図書館とかでバラで探すことを苦としないのは、よほどのミステリマニアだけですってば(^^)

そこまでのミステリマニアではないわたしは、昔読んだ「37の短編」を思い出しながら本書を読み、とても楽しかったです(^^)

それにしても、フラナガンの「北イタリア物語」が「天外消失」にも「51番目の密室」にも収録されていないのは解せん。「アデスタに吹く冷たい風」なんて本を知ってるのは、よほどのミステリ(以下略)

で、なにがいいたかったかというと、

この前、図書館の相互貸借でようやく届いた「アデスタに吹く冷たい風」を読んで、噂どおりの面白さに悶絶しました。もちろん、1998年の再刊バージョンです。

ちなみにわたしは茨城県に住んでいるのですが。

図書館の相互貸借先はどこかなあ、と本を見てびっくりしました。「石川県立図書館」って……どれだけレアな本やねん(^^;)
【2010/07/05 17:59】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説