ADMIN TITLE LIST
 懲りもせず「東宝特撮映画DVDコレクション」から一本消化。本多猪四郎監督による『怪獣大戦争』。昨日観た『フランケンシュタイン対地底怪獣』に続いて制作されたもので、1965年の暮れに公開されたものだ。

 ストーリーはこんな感じ。木星の裏側に発見されたX星の探索に向かった地球連合宇宙局の富士とグレン。二人はそこでキングギドラの驚異から逃れるため、地下で生活しているX星人と出会う。彼らはキングギドラ撃退のため、地球に眠るゴジラとラドンを貸してほしいと依頼するが……実はX星人は地球を侵略するための壮大な企てを練っていたのだった。

 『フランケンシュタイン~』と違って、こちらはあまり冒険のできないいわゆる定番作品。ファミリーで安心して楽しめる作りをめざしているためか、対象年齢がますます低くなっている印象で、ゴジラの堕落は相当なところまできている。有名なシェーをするゴジラのシーンは、その最たるものだろう。それゆえ硬派なファンからはあまり高評価を得られない作品なのだが、逆に幅広い人気を誇る因果な作品でもある。
 確かに怪獣の凄みやメッセージ性なんてのがほとんど感じられず、そういう点では正直駄作なのだが、意外に見るべきところも多いんだよなぁ。

 例えば、後年のゴジラ映画には、宇宙人が怪獣を操って地球侵略を企むなんて話はけっこう多いのだが、本作品はその走り。ゴジラワールドにSF路線を融合させ、今までになかったシーンや設定を盛り込んだ功績は大きい。ゴジラとキングギドラを宇宙で戦わせたり、ゴジラやラドンを電磁波で輸送したり、まあ楽しいっちゃあ楽しい。
 あと、対象年齢が低くなったとは書いたが、なぜか恋愛ドラマがしっかり加わっているのも面白い。水野久美演じる波川女史(実はX星人)が、ニック・アダムス演じる主役の一人グレンと禁断の恋に落ち、しかもグレンを守るために波川女史は命を落とす。いや、けっこう強烈なエピソードだよ、これ。当時は小学生もたくさん見ていたはずだが、いったいどんなふうに感じていたのやら(笑)。

 うむ、こうして振り返るとこの恋愛要素だけでなく、本作はお話としては意外によく考えられているのかな。問題は、怪獣のバトルシーンだけがますます低年齢向けの作りになっていることかも。そういうわけで管理人的には非常に微妙な一作(子供の頃は好きな映画だったんだけどね)。

 蛇足。X星人の統制官役は土屋嘉男。『ガス人間第一号』で熱演し、東宝特撮の常連でもある彼だが、この頃は役者として十分な地位を確保しているはずである。その彼が相変わらずX星人の統制官などという胡散臭く、しかも素顔も映らない役をこうして演じていることに心から感心する。えらいよ、この人は。





| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説