fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


バージニア・リー・バートン『ちいさいおうち』(岩波書店)

 毎日、特撮ではアホかと思われるかもしれないので、本日は趣を変えて、バージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』をご紹介。
 『ちいさいおうち』は、環境破壊やエコロジーをテーマとして、1942年に書かれた絵本である。もう古典といっても差し支えないぐらい有名な本なのだが、管理人は恥ずかしながら初読。何を今頃こういうものを読んでいるかといえば、もちろん理由があって、察しのいい人ならもう気づいているだろうけれど、まあ、明日明後日ぐらいにはその理由も書く予定である。

 ちいさいおうち

 それはともかく。
 本書の魅力は何と言っても、その瑞々しく美しい絵にあるかと思われる。とても魅力的なタッチだが、ただ美しいだけではない。環境破壊によって徐々に変化する町の景色を、見開きごとに実に細やかに描いており、隅々まで丁寧に描いている。子供ならその端々にまで目をやっては、いろいろな楽しい発見があることだろう。いや大人だって十分に引き込まれる。

 また、環境破壊というテーマについても、設定がうまいせいか、全然古びていない。問題定義をしつつ、その解決法についても極端に白黒つけるのではなく、その中間に落としどころを持っていく手際がいい。
 ヒステリックになることなく、悪者を決めつけることもない。ハッピーエンドにしつつ、でも読者(子供たち)には将来のことや環境のことも考えてもらう、という実に鮮やかな手並み。価値観が多様化している現代にこそ、読んでおきたい一冊なのかもしれない。
 素直な気持ちで読める、いい絵本です。


Comments

Edit

>7kichiさん
おお、町が大きくなっていく過程に注目していたとは、やはり男の子の視点ですねえ。
実は私も変化する町並みに、環境破壊とかはまったく関係なく、楽しく眺めておりました。

Posted at 00:07 on 08 17, 2010  by sugata

Edit

これは私も好きでした。

小さなおうちの周りがだんだん街になっていく課程が大好きで、ワクワクしながら読んだモノです。
娘のために同書を購入して改めて読んで見ると、考えさせられるその内容にビックリでした。

Posted at 21:31 on 08 16, 2010  by 7kichi

Edit

 >Sphereさん
おお、Sphereさんもやはり読んでましたね。しかもそこまでお気に入りだとは。

それにしても、娘が気に入りとはいえ、英語版を買ってくれるお父さんがまた素敵ですねぇ。

Posted at 20:50 on 08 15, 2010  by sugata

Edit

うわ~、これ懐かしいです!
たぶん一番読み返した絵本だと思います。
そのお気に入りぶりを見て、父が英語版も買ってくれました。まだ実家にあるかな。絵もストーリーもいい話ですよね~。

Posted at 19:56 on 08 15, 2010  by Sphere

Edit

>涼さん
やっぱりお読みになってますね。
やはり女性のほうが絵本はよく読んでますね。周囲の男連中5、6人に聞いたんですが、読んだことある奴は一人もいなかったですもん。
いつも不思議に思うのですが、読書家の男性でも、小さい頃からちゃんと絵本を読んでる人は、意外に少なかったりするんですよね。読書系ブログでも絵本ブログやってる男性は見たことないし(笑)。

Posted at 10:48 on 08 15, 2010  by sugata

Edit

この本、知ってますよ (^_^)
家にもあったはずだと思って探しに行ったのですが、残念ながら見つかりませんでした。
多分、涼が読んだのは、1965年版だろうと思います。

Posted at 23:57 on 08 14, 2010  by

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー