ADMIN TITLE LIST
 ミステリのガイドブックや入門書が昔から好きだ。山ほどミステリを読んできた今でも、目の前にそういうガイドブックがあればついパラパラと眺めてしまう。思えば子供の頃から周囲にミステリのファンがほとんどおらず、ことミステリに関しては誰の教えを受けることもなく独力で読み続けてきた。ミステリの面白さを教えてくれたのは、紛れもなくミステリのガイドブックであった。
 ポー、ドイルから始まり、黄金期の本格、倒叙、そしてサスペンスからハードボイルド、法廷もの等々と、それこそ教科書をなぞるように読む。あるときはジャンル別、またあるときは系統立てて。ときにはネタバレ満載の地雷本もあったが(笑)、概ねミステリで大切なことはすべてガイドブックで教わったといってよい(いや、ちょっと嘘w)。

 と、そんなことを書いてみたのも、書店の店頭でたまたまこんな本を見つけたからだ。洋泉社の『ロマンスの王様 ハーレクインの世界』。
 題名どおり「ハーレクインロマンス」を題材にしたガイドブックである。おお、まさかこんな本が出ていたとは。
 ハーレクインそのものは、実は一冊も読んだことはないのだけれど、これは気になった。というのも、ひとつのジャンル文学として、ロマンスとミステリはそれほど遠い関係ではないと思っていたからだ。どちらもストーリーの枠組みや構成等に一定のコードがある文学である。いわゆる職人タイプの作家が、そのコードさえきちんとマスターしていれば、どちらも巧みに書けるのではないか。実際、ハーレクインの書き手からミステリに進出する作家も大勢いる(ジャネット・イヴァノヴィッチもそうじゃなかったか)。

 ロマンスの王様ハーレクインの世界

 ええと、あまり固い話にするつもりはないのだが、要は何が言いたいかというと、この『ロマンスの王様 ハーレクインの世界』というガイドブックが、むちゃくちゃ面白いのである。繰り返すがハーレクインを読んだことは一冊もない。でもこの本はミステリ好きならおそらく楽しめるはずだ。
 先ほど書いたように、構造的に両者には共通点が多いせいか、そのガイドブックとしてのアプローチもとにかく似ている。例えばミステリの用語解説であれば、密室や毒薬、動機、探偵、殺人といった語句などが紹介されるだろうが、これがロマンスでは、牧場やシーク、ワイルド、貴族、家庭教師といった言葉が並ぶ。しつこく繰り返すが、それらのキーワードを解説するという行為が、既にミステリと非常に近いのである。
 ジャンルがミステリ以上に細かく分かれているところも要注目。「愛人契約」や「一夜の恋」、「オフィス」なんてのは全然普通で、中には「シークレットベビー」や「オークション」「シークとの恋」なんていうのもある。なんだよ、オークションって。ちなみに「シークとの恋」とはアラブの富豪との恋を描いた内容。それがなんと一ジャンルを作っているのである(笑)。すごい、すごすぎるよ。

 もちろんハーレクインのガイドブックだから、作者の紹介やハーレクインの歴史という真っ当な特集も多く、加えて読者アンケートや初代編集長へのインタビュー、座談会等々と実に盛りだくさん。いやあこれは楽しい。
 この表紙をレジへ出すことが恥ずかしくないのなら、どうか騙されたと思って一度目を通してもらいたい。いや、騙されたと思っても責任はとれないけど。


テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌





makiさん

確かに凄い切り口です(笑)。
でもそういうジャンル小説に特有の制約というか、条件が厳しいからこそ、ハーレクインが若手の修行の場になっているという側面はあるようですね。自分の自由に書けない人が、編集者の指導を受けながら、まずはそこで、という感じ。
日本におけるラノベのポジションと少し似ているような気もします。
【2010/09/24 01:15】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

興味深いですね。ハーレクインはここ2ヶ月ほど機会がありがっつり読んでいますが、ミステリとクロスオーバーしたような作品もいくつかあるみたいですよ。

「オークション」とはサービス・オークションをヒロインとヒーローとの出会いの場としているジャンルです。

「大企業の若き社長と二人でディナーを楽しむ権利」を適齢期の女性たちが競り合うとか、ストーカーに悩まされるヒロインが休暇中の刑事を落札して
「数日間のボディーガード」を彼に依頼するとか。
だいたい主催の目的はチャリティーのようです。日本の小説にはない切り口なので面白いです。
【2010/09/23 23:53】 URL | maki #mxyayG2g[ 編集]

ポール・ブリッツさん

あ、さっそくありがとうございます。
しかし、ホームズファンの女性の前に、ホームズのような素敵な私立探偵が現れて恋に落ちるというのもすごい。見事なまでのストレートど真ん中な設定ですね(苦笑)

もうひとつの『ホームズは眠れない』は、ネットでもあまり情報が見つからないですね。
怖いものみたさで、買ってみようかな(笑)。
【2010/09/17 00:43】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

竹書房ラズベリーブックスの「令嬢Aの探偵クラブ」でした。

こういう話。
http://wish-77.tea-nifty.com/stardust/2009/02/a-880a.html

ちなみに本家本元のハーレクインにも、

ブリタニー・ヤング「ホームズは眠れない」

という本があるそうですが、どんな内容なのか、ホームズが出てくるのか、さっぱりわからん(^^;)

ハーレクインロマンス奥が深い(^^;)
【2010/09/16 19:57】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]

奇堂さん

いや、別に「シークとの恋」から読まなくても(笑)。
もし本当に読むのであれば、最近は刑事ものや超能力者もの、吸血鬼ものなど、
設定もかなり幅広くなっているらしいので、その辺が読みやすいのではないでしょうか。


清貧おやじさん

>ハーレクインロマンスは、学生時代に 2冊読んだことがあります。

何という探求心、さすがです(笑)
奇堂さんさん宛のコメントにも書きましたが、最近は内容が幅広いようなので、そっちには若干惹かれますね。ミステリっぽいところだとリンダ・ハワードとかノーラ・ロバーツとかが代表選手でしょうか。


ポール・ブリッツさん

>そういやあハーレクインブランドじゃないけれど、「シャーロックホームズおたく」の娘が主人公のロマンス本を見つけてのけぞったことがあったなあ。

おお、それは気になりますね。話のタネに読んでみたいかも。
【2010/09/16 00:25】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

そういやあハーレクインブランドじゃないけれど、「シャーロックホームズおたく」の娘が主人公のロマンス本を見つけてのけぞったことがあったなあ。

金がなかったので買ってないし、タイトルも忘れてしまったけれど、もしかしたら買っておくべきだったのかもしれないなあ。いや買わないけど。

この評論本は面白そうなのであとで図書館に相互貸借の注文をしてみようと思います(^^)
【2010/09/15 18:38】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]

ハーレクインロマンスは、学生時代に
2冊読んだことがあります。
たまたま、最初に読んだ本が、
キャスリン・ターナーの
ロマンシング・ストーンみたいなアドベンチャーもので、
結構面白かったので、
続けて買ったのですが、次の本はハズレで、
それ以来読んでいません。
たまに読んだら面白いと思うのですが、
沢山あって、どれを買って良いのか分かりません。
個人的には、身分の違う男女のロマンスが好きなのですが、
単なるロマンスだけでは、
最後まで読むのはキツイかもしれませんね。
やっぱり、トレジャーハンティングや
ミステリー的な要素があるやつじゃないと、
私には無理かもしれません。
【2010/09/15 02:15】 URL | 清貧おやじ #27oFWF9A[ 編集]

お久しぶりです。
僕もそのジャンルは読んだ事がありませんが、そう言われると猛然と興味が湧きます。試しに「シークとの恋」から一冊選んで購入し、ミステリとして読んでみます。読むのはかなり後になりそうですが(笑)。
【2010/09/14 23:27】 URL | 奇堂 #5Gg6z9h6[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説