ADMIN TITLE LIST
 ジョナサン・ラティマーの『赤き死の香り』を読む。
 ラティマーといえば、一般的には軽ハードボイルドの作家といった印象である。テンポのよいストーリー、小気味のよい主人公のセリフ、適度なアクション、ブロンドの美女。必要な構成要件を見事までに備え、どこをどう取っても絵に描いたような軽ハードボイルドだ。
 ただし、そこらの軽ハードボイルドとちょっと違うのは、常に本格ミステリとしての要素をスパイスとして加えているところである。本格とハードボイルド、この相反する興味を両立させるのはなかなか難しい。それをさりげなくやってみせるところにラティマーの魅力と実力がある。

 思えば初めてラティマーを読んだのは創元推理文庫の『処刑6日前』だった。このときはスピード感やユーモアといった味付け、それこそ軽ハードボイルドの部分にばかり気を取られ、謎解き要素には驚いたものの、それはあくまでこの作品だけの例外的なエッセンスと捉えていたのだ。ところが二冊目、三冊目と読むうち、これがラティマーのデフォルト仕様であることを理解し、面白い作家がいるものだと感心するに至ったわけである。

 ただ、ハードボイルドと本格の比率は決してイーブンではなく、謎解き要素はあくまで味付けと見るべきだろう。生粋の本格作品に比べれば全体に緩さは否めないし、プロットもそこまでしっかりしたものではない。やはりキャラクターやストーリー、ユーモアを根幹とした娯楽読み物であり、本格要素はそれらをより効果的に見せるため道具だと思うのである。
 さらに言ってしまうと(以前に『シカゴの事件記者』の感想でも書いたのだが)、ラティマーはハードボイルドという形式すら、単なる文体や演出のための道具として考えていたような気がする。自分がよかれと思う小説を書くための、ひとつのツールなのだ。
 そこを読み違えて飛びつくと、つまりガチのハードボイルドや本格を期待すると、意外にがっかりするはめになるので念のため。

 赤き死の香り

 さて、本書『赤き死の香り』でも、以上のスタンスは基本的に変わらない。
 本作では、ある大富豪の家族に次々と襲いかかる変死事件を、シリーズ探偵のビル・クレインが調査にあたる。クレインは探偵事務所の所長の姪であるアンと夫婦役を装い、家族に近づくのだが、この二人が喧嘩ばかりしていて、いわゆるツンデレですか。そんななか金髪美人も次から次へと登場、クレインがあっちへフラフラこっちへフラフラしていると依頼主の大富豪までが……という展開。
 テンポは悪くないんだが、いつになくプロットが締まらず、ややダレ気味の印象。謎解きはもちろんあるけれど、こちらもそれほど驚くべきものでもない。正直、完成度はこれまでのなかでも落ちる方であろう。
 とはいえ、それでもけっこう面白く読めてしまうのは、やはりキャラクターの設定や各種エピソードの出し入れが上手いからだろう。男のためのハーレクイン、っぽいかな?

 ちなみにこれでラティマーの翻訳は全部で6作。未訳がまだ数作残っているのだが、せめてクレインものだけでも、どこかで出してくれないものかなぁ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説