fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


大庭武年『大庭武年探偵小説選II』(論創ミステリ叢書)

 『大庭武年探偵小説選II』読了。先日読んだ『大庭武年探偵小説選I』は郷警部を探偵役とするシリーズものだったが、本書はノンシリーズや非探偵小説、戯曲、エッセイ等をまとめたもの。収録作は以下のとおり。

創作篇
「小盗児市場の殺人」
「毒薬自殺綺譚」
「拾つた拳銃」
「カジノの殺人事件」
「復讐綺談」
「歌姫失踪事件」
「タンヂーの口紅」
「難破船」
「三吉積罪物語」
「港の抒情詩」
「明けゆく満蒙」

随筆篇
「文科教室」
「探偵小説と私」
「馬賊・義賊・その他」
「亡き父を語る」
「大連と探偵小説」
「書かない弁」
「ふるさと」
「書かれざる傑作」

 大庭武年探偵小説選II

 『~I』の感想でもちらっと書いたのだが、本書を読む前に頭にあったのが、果たして大庭武年は文学寄りの探偵小説を書いていたのかどうかという点である。
 そもそも大庭の探偵小説の好みは、ヴァン・ダインに代表されるようなガチガチの本格。その興味はロジックやトリックにある。とりわけ名探偵を主人公とする本格のシリーズものは制約や約束事も多いため、確かに文学的興味との両立は至難の業だ。だからこそ制限の少ないノンシリーズでは「生活のため」などとは言わず、芸術としての探偵小説、純文学と探偵小説の融合にも期待したいところだったのだが。
 いやあ、さすがに思うようにはいかない。
 結果からいうと、そんな試みはまったくなくて、見事なまでに娯楽のための小説ばかりであった。
 実は本書収録のエッセイ「探偵小説と私」でも、探偵小説は芸術品たり得るか大庭自ら提議していた。そう、やはりちゃんと視野には入っていたし考えてはいたのだ。ただ残念ながら、そこには純文学と探偵小説の間で葛藤するような歯切れの悪い文章が連ねられており、やはり両立しがたいという結論に落ち着いている。

 ただ、「生活のため」と割り切るなら割り切るで、探偵小説もそれなりに注力してくれればよいが、本書に収められている作品は出来の方もかなりお粗末。『~I』に比べて一枚も二枚も落ちるありさまで、なかには完全に破綻している作品まである始末。かろうじて倒叙ものの「小盗児市場の殺人」、和製ルパンものとでもいうべき「歌姫失踪事件」が楽しめたぐらいだった。久々に釈然としないまま読み終えた次第。

関連記事

Comments

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー