ADMIN TITLE LIST
 東宝特撮映画DVDコレクションから『世界大戦争』を視聴。1961年の公開で、監督は松林宗恵。当時の冷戦を題材に、大三次世界大戦の危機と核の恐怖に真っ向から取り組んだ作品である。

 第二次大戦の終決から十六年、世界はいったん平和を取り戻したかに見えた。しかし思想の違いから、世界は連邦国と同盟国、二つの陣営に分かれて対立を見せ始めていく。やがて軍事演習での領海侵犯、朝鮮半島での衝突などが立て続けに勃発、緊張の度合いはますます高まってゆく。
 そんな中、外人記者クラブの運転手として働く田村茂吉は、ただ家族の幸せを願ってがむしゃらに金儲けに励む日々。世界情勢も気にならないわけではないが、それが株にどう影響するかの方が心配だ。妻の体調が悪いのが悩みのタネだが、娘の冴子の結婚話も持ち上がり、最後にもう一踏ん張りと気合いを入れる。
 一方、日本国政府は二度と核の悲劇を繰り返さないため、両陣営の緊張をこれ以上高めまいと懸命の説得にあたる。さらには現場の軍人たちも戦争だけは避けたいと願い、幾多のトラブルに必至で対応する。
 やがてその努力が実ったか、朝鮮半島での停戦協定が結ばれ、世界中が安堵した。だが間髪入れず北極海上で発生した軍用機の衝突事件が、それまでの努力をすべて無に帰してしまう。世界は三度、大戦へと突入する……。

 世界大戦争

 ううう、これが初見になるのだが、ここまでヘビーな作品だとは思わなかった。一応は特撮もあるし近未来の設定になるんだろうけれど、これは純粋に戦争ドラマである。訴えるべきは戦争の愚かさや核の恐怖、悲惨さがすべて。正直、東宝特撮映画DVDコレクションとかで扱うのは間違っているような気がするほどだ。震災と被る描写も多いし、途中で辛くなるのは必至。それぐらいシリアスで重い映画なのである。

 単に権力者たちの陣取り合戦ならば、まだ客観的に観ることは可能だろう。だが田村茂吉とその家族、つまり対比として描かれる罪もない一般庶民の描写があまりに生々しくて切ない。とりわけフランキー堺の演じる田村茂吉は適度な俗っぽさ・人間らしさが恐ろしいほどにリアルで、だからこそラストの晩餐シーン、思いを叫ぶシーンがダイレクトに響いてくる。
 それに比べると権力者たちの描写、軍人たちの奮闘は、その場限りのエピソードが多く、著しくバランスを欠いているのが残念。庶民の人間ドラマが鮮やかな分、余計にそこが惜しく感じてしまう。
 とはいえ、それぐらいの瑕には目をつぶるべきだろう。東北大震災が発生し、アフリカでの争乱が起こっているこの時期だからこそ、本作はより観る価値がある。ただ、それなりに精神的負荷は大きいので、その辺は自己負担でよろしく。






空犬さん

戦闘シーンや核ミサイルでの破壊シーンなど、特撮シーンの見どころもあることはあるのですが、この時期ではまず楽しめません。
割によくあるテーマなのですが、とにかく人間ドラマの部分が凄まじいです。ここまで希望を描かず、人類への警告のみに終始しているパターンは、海外の映画を含めても珍しいですね。監督が戦記でならした松林宗恵というのも大きいんでしょうか。
嫌なことばかり書いてますけど(苦笑)、でもやっぱり観てほしい一本であります。
【2011/04/11 23:27】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

やはり、ヘビーな1本でしたか。DVDシリーズのなかにあって、これ、明らかに浮いてますよね。
未見の作品なので、楽しみにしてはいたんですが、はたして、「特撮」映画として楽しめるのかどうか……。
観るタイミングをはかっています。
【2011/04/11 22:53】 URL | 空犬 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説