ADMIN TITLE LIST
 ヘレン・マクロイの『暗い鏡の中に』を読む。マクロイの最高傑作といわれながら、ハヤカワ文庫で長らく品切れだった同書の復刊である。まずはストーリーから。

 ブレアトン女子学院に勤める女性教師フォスティーナ。同校に勤め始めてまだ五週間の彼女だったが、校長から突然、解雇を言い渡されてしまう。しかも解雇の理由すら告げられぬまま。
 落ち込むフォスティーナに同僚のギゼラも同情し、犯罪捜査に詳しい恋人の精神科医、ベイジル・ウィリング博士に相談する。さっそく彼女の代理人として調査に赴いたベイジルだったが、そこで知らされた解雇の理由は驚くべきものだった……。

 暗い鏡の中に

 いやー、ほんとにようやるわ、というのが第一印象。もちろん褒めてる(笑)。
 マクロイの醍醐味のひとつに、大向こうを唸らせるケレン味があるのだが、本作はとりわけハッタリのかまし度合いが激しい。しかも変にいろいろなネタをつっこまず、ほぼメインの仕掛け一本で勝負する。もちろん犯人やトリックの意外性も十分なのだが、まずはこういうテーマでシンプルに勝負しているところを評価すべきである(ちなみに、このテーマは前半で明らかにはなるものの、これ自体が驚きのひとつなので、初めて読む人のためにここでは触れません)。

 ややもするとバカミスに転びかねないこのテーマ。それをしっかりサスペンスとして踏みとどまらせているのが、マクロイのプロット作りの巧さであろう。特に感心したのは興味の引っ張り方。変に謎を引っ張りすぎることもなく、ほどよくサスペンスを盛り上げておいていったん花火を上げ、また次の興味につないでゆく、そのタイミングの巧さである。読者をほんの少しだけ焦らせるタイミングといってもよいだろう。結果としてリーダビリティはすこぶる高い。

 ただ、ラストの締め方は賛否両論かもしれない。本格志向が強ければ、当然ながらすっきりしない人もいるだろうことは予想できる。とはいえ本作のテーマにうまく絡めたエンディングであることもまた確かで、この何ともいえない余韻を味わうことも、本書の楽しみのひとつではないだろうか。

 とにかくマクロイは素晴らしい。未訳作品がたっぷり残っているのが実にもったいない限りだ。あ、これこそ論創社さんにお願いすればいいのか(笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





Sphereさん

そう、私も短篇の記憶は極力、頭から締め出しつつ読んでいました。まあ、無理でしたけど(苦笑)。
それでも十分楽しめたのはマクロイの語りの巧さですね。
【2011/07/08 00:14】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

私は短編バージョンよりこっちのラストの方が好みです。
でもこちらを先に読みたかった!
短編の方をしっかり覚えてたから最初からネタが割れていて、それがなければもっと楽しめたのにと残念でなりません。
マクロイはもっと訳されてほしいですよね(^o^)/
【2011/07/07 19:37】 URL | Sphere #AgXjGueg[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



※この作品は、僕よりずっと読書家でミステリ愛好家のsugataさんにご紹介いただいた。sugataさん、素敵な本を紹介いただき、ありがとうございました※  読んだのはほぼ1カ月前、遍路の初日、2日目である。当の本は、荷物減らしのために現地で捨ててきてしまった(※1)。スマホで読書メモを書いてはいたが、いま読み返しても意味不明な記述が少なくない。自分の記憶の危うさに驚くしかないが... じっちゃんの誤読日記【2014/12/09 17:07】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説