ADMIN TITLE LIST
 かつて創元推理文庫で出版されながら絶版の憂き目にあい、以後はクロフツの邦訳作品、そして創元推理文庫の中でも最強のレア度を誇ってきた『フレンチ警視最初の事件』。古書やネットオークションでも軽く数万の値が付いていたこの稀覯本が、まさか新訳で復刊される日が来ようとは誰が想像したか。
 クラシックミステリや復刊がブームとしてあったことはもちろんだが、やはりクロフツの著作そのものに魅力があったからだと思いたい。そういう意味では、同じく創元推理文庫から出版された『フレンチ警部と毒蛇の謎』が高評価だったことも幸いしたか。とにもかくにも、幻の一冊だった『フレンチ警視最初の事件』が、こうして気軽に読めるようになったことをまずは素直に喜びたい。

 フランク・ロスコーとダルシー・ヒースは幼なじみ。利にさとく不誠実な性格のフランクだが、なぜかダルシーは愛想をつかすことができず、将来は結婚を夢見ていた。そんなフランクが復員兵として帰国し、ダルシーは自分の勤める病院にフランクを紹介し、共に働き始める。だが、やがてフランクにそそのかされ、ダルシーは患者の支払いをかすめる詐欺の片棒をかつぐはめとなる。
 そんなある日、フランクはある貴族の秘書という職を見つけて転職。だがダルシーという恋人がありながら、フランクは貴族の娘と恋に落ちる。二人の仲睦まじい姿を目撃したダルシーはフランクに復讐を考えるが……その矢先、なんと貴族は自殺を図ってしまう。
 娘には当然、莫大な財産が転げ込んでくる。もしかしてフランクの目当てはそちらだったのか? ダルシーはこのタイミングの良さが信じられず、弁護士に調査を依頼する。

 フレンチ警視最初の事件

 いやあ、幻の作品というと、けっこう腰砕けに終わる作品も少なくないのだが、これは十分に楽しめる作品である。
 正直、話は地味で小粒だし、トリックもそこまで驚かせるようなものはないのだが、じゃあ何が優れているのかというと、つまりはプロットではないか。
 本書でいえば、前半は丹念に犯罪者の心理や生き方が描かれてゆく。まるで倒叙ミステリかと思うほどに。だが、これが後半になると一転して捜査側に視点がおかれ、警察小説のごとき地道な捜査ぶりと推理が描かれる。
 前半後半どちらにも共通するのは、描写が非常に丁寧なこと。そして何よりフェアプレイに徹していること。倒叙ミステリ? 警察小説? いやいやクロフツは計算尽くでそれらのスタイルを用い、その効果を利用しているのである。読者を見事に誤誘導し、その陰でせっせと伏線を忍ばせているのである。だから、ラストのどんでん返しが活きる。
 ややもすると、ちぐはぐさが目立つ構成なのだが、本作や『フレンチ警部と毒蛇の謎』のような成功例に接すると、これは実に魅力的なスタイルであるといえるだろう。

 刺激の強い昨今のミステリに比べるとどうしても不利だが、こういう骨格や狙いがしっかりしたクラシックは、もう少し読まれてもいいんではなかろうか。願わくは本書が長らく読み継がれ、絶版などになりませんように。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





フーチン64さん

コメントありがとうございます。
海外のクラシック事情はあまり詳しくはないんですが、本国で忘れられた作家が、意外と日本で読まれているというのはよく聞きますね。
三十年前あたりに比べれば、今の日本の状況は(少なくともクラシックミステリにおいては)はるかに恵まれているのではないでしょうか。

話は変わりますが、フーチン64さんのブログの濃さにはいつも圧倒されております。これからも勉強させてもらいますので、何卒よろしくお願いします。
【2011/09/06 00:17】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

>刺激の強い昨今のミステリに比べるとどうしても不利だが、こういう骨格や狙いがしっかりしたクラシックは、もう少し読まれてもいいんではなかろうか。

まったく同感です。本国でもしばらく前にHouse of Stratusという出版社がクロフツを次々と復刊しましたが、それも既に大半は品切れとなり、リバイバルは長続きしませんでした。
結局、本国を差し置いて、日本ほどクロフツが読まれている国はないわけですが、ある意味、我々は恵まれている気がしますよね。
【2011/09/04 23:30】 URL | フーチン64 #-[ 編集]

tosunokeikoさん

注目作も多いし、なんだかんだで創元はがんばってますね。私もメルマガはとってますよ。ときどき新刊のサイン本の注文とかできるのは嬉しいですよね。
【2011/09/04 12:00】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

『フレンチ警視最初の事件』の新訳復刊はビックリですね。
創元のこの路線続けて欲しいな。
最近創元社のメルマガとるようにしました。
【2011/09/04 08:41】 URL | tosunokeiko #.OxHEifw[ 編集]

semicolon?さん

『フレンチ警部と毒蛇の謎』が気に入ったのなら、これも確実に楽しめると思いますよ。新訳というのも大きいですね。
【2011/08/29 00:35】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

クロフツは私にとって長くて地味な印象ですが。「フレンチ警部と毒蛇の謎」は面白かったし、これからの秋の夜長に良さそうですね。
【2011/08/28 23:15】 URL | semicolon? #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説