ADMIN TITLE LIST
 御当地テーマで編まれた河出文庫のアンソロジー『名古屋ミステリー傑作選』を読む。まずは収録作。

戸板康二「明治村の時計」
辻真先「名古屋城が燃えた日」
中薗英助「ウラン鉱の魔女」
山村正夫「オフェリアは誰も殺さない」
赤瀬川隼「明治村幻影」
藤原審爾「地平線はぎらぎらっ」
夏樹静子「閨閥」

 名古屋ミステリー傑作選

 こういう旅情をウリにしたミステリーも嫌いじゃないのだが、さすがに名古屋ぐらい都会だとあまり地方色も出ないわけで、実際、本書に収録されている作品もそれほど名古屋名古屋している感じはなかった。
 ただ、とぼけた味というか、意外に変化球的な話が多くて、思った以上に楽しめるアンソロジーである。

 戸板康二「明治村の時計」は、味わいだけでいうと歴史ミステリに近い。事件らしい事件などまったく起こさずとも、本格の香りを漂わせることができるのだということを証明する一品。

 辻真先「名古屋城が燃えた日」は奇妙な味。家族が聞き飽きているいつものお婆さんの戦争体験。だが今日にかぎって話は妙な具合に転がって……というもの。直接は関係ないが、乱歩の「防空壕」を少し連想した。

「ウラン鉱の魔女」は中薗英助お得意のスパイもの。前半のミステリアスなムードから、後半は一転して激しすぎる展開。楽しめることは楽しめるが、真相はちょっと無茶な感じ。

 短いながらもきっちりまとめた感のある「オフェリアは誰も殺さない」。「ハムレット」をモチーフにサスペンスも活かし、どんでん返しも決めているのはさすが山村正夫。これでもう少しパンチがあれば。

 フランク・ロイド=ライトが設計した帝国ホテルをネタにした「明治村幻影」。残念ながら特筆すべきほどの作品ではないが、作中で紹介されるフランク・ロイド=ライトの蘊蓄が面白い。

 刑務所から脱獄した五人の男たちの、悲しくも可笑しい末路を描いたのが藤原審爾「地平線はぎらぎらっ」。キャラクターの造型が絶妙で、オフビートな展開もよし。本書のイチ押し。

 夏樹静子の「閨閥」もいい。一見すると教科書どおりの地味な社会派ミステリなのだが、ラストが効いている。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





ポール・ブリッツさん

『Wの悲劇』ってそんな話でしたか。映画化(薬師丸ひろ子主演でしたっけ?)されたときに読んでいるのは確かなんですが、うむう、まったく思い出せませんorz

とりあえず『わらの女』の衝撃だけは今でも覚えておりますが。
【2016/02/18 23:28】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

夏樹静子関連で思い出したのですが、

「Wの悲劇」の「W」って、「わらの女」のWではないかとこないだ「わらの女」を再読して思ってます。

事件のポイントといい、犯人の目的といい、クイーンに挑戦するというよりは、「わらの女」でアルレーがミスしたところへのアンサーノベルと考えたほうがぴったりくるのですが。

うむむ。
【2016/02/18 18:46】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]

舞狂小鬼さん

1980年の後半ぐらいですか、河出文庫から「紀行ミステリー」と銘打って山ほど出てたシリーズです。北海道から沖縄までけっこうな数がありますよ。

ただ、確かにミステリ読みはあまり御当地だからって理由だけでは読まないですよね(笑)。とういうよりは当時はトラベルミステリーが流行っていたから、それに便乗した企画なんじゃないでしょうか。
【2011/11/06 11:08】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

こんにちは。へえー、こんな本があったのですね。知りませんでした。
それにしても名古屋に住んでいながら、地元を題材にしたミステリは全く読んだ事がないという...(笑)。
地元つながりで小酒井不木の『大雷雨夜の殺人』を読んだくらいですが、中身は全然関係ありませんでした(^^)。
清水義範氏の『やっとかめ探偵団』とか探せば色々ありそうなんですけどねー。
【2011/11/06 08:07】 URL | 舞狂小鬼 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説