fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


森英俊・野村宏平/編著『少年少女 昭和ミステリ美術館』(平凡社)

 買ったときにTwitterでも少しつぶやいたのが森英俊・野村宏平/編著『少年少女 昭和ミステリ美術館』。戦前から戦後にかけて書かれた少年少女向けのミステリーを、装丁という観点で振り返ろうというヴィジュアルブック。本書に収められた書影は何とオールカラーで約400点に及ぶ。
 B5判上製という造りのため、さすがに通勤に持ち歩いていくのも面倒なので、合間をぬってぼちぼち読んできた(眺めてきた)本である。

 少年少女昭和ミステリの世界

 ミステリにはまる年齢やきっかけは人それぞれだと思うのだが、やはり小学生ぐらいで読んだ子ども向けの年探偵団やホームズ、ルパンがきっかけ、という人は多いのではないだろうか。
 管理人も完全にその口で、たまたま近所に住む従兄弟が買ったポプラ社版ホームズを借りて読んだところ完全にはまり、それならってんで親にせがんで買ってもらったのがポプラ社版江戸川乱歩全集であった。ときを同じくして、また別の従兄弟はなんとポプラ社版ルパンを買ってもらい、三人ですべてを回し読んでいた記憶がある。まあ今思えばよくこんな素敵なコンボができたものだが、従兄弟同士にライバル心みたいなものがあったことは否めない。あいつがあれを買ってもらったのなら俺はこれ、みたいな感じですか(苦笑)。
 そこからあとはもう手当たり次第。買ってもらったものもいくつかあるが、別にお金持ちでも何でもないので、やはりメインは学校図書館や私立図書館だった。中学校に入るあたりでいよいよ大人向け、つまり創元推理文庫に移行していくのだが、それまでの三年ほどでジュヴナイルはかなり読んだはずだ。
 特に記憶に残っているのが、あかね書房の「少年少女世界推理文学全集」と講談社の「少年版江戸川乱歩選集」であった。前者はミステリファンの間ではけっこう定番みたいな存在になった感があるが、他の子ども向けにはあまり見られないハイソな(死語)造りに心惹かれたものだった。後者も子ども向けとは思えない造りだったが、その理由は全く異なり、生頼範義が描く函絵があまりにも怖かったことだった(これらも本書に収録されています)。

 ま、そんな昔語りを思わずしたくなるほど、本書はノスタルジーをかき立ててくれる。今では入手困難なレア本なども多く収録されているし、そちらも確かにありがたいのだが、やはり自分が最もミステリを純粋に読んで楽しんでいた頃の本というのは最高の存在なのである。このときこうして本が好きになっていなかったら、少なくとも今の仕事はやってないものなぁ。

 とうわけで管理人同様、年配のミステリファン(笑い)にはぜひともオススメしたい一冊。
 詳しい中身については、管理人なんかが語るよりも、本を編集した藤原編集室さんのHP「本棚の中の骸骨」に詳しいのでそちらをどうぞ。

 なお、ひとつだけ注文をつけるとすれば、せっかく装丁や絵を軸にして「ミステリ美術館」という縛りで作られたのだから、エッセイについては、画家やイラストレーターへの説明や言及がもっと欲しかったところだ。少年少女向けのミステリーの変遷といった流れも確かに興味深いのだが、当時の画家さんについてはまとまった画集や資料などがない人も多く、非常に気になるのである。次はぜひそんなまとめでも作ってもらえると嬉しいです>藤原編集室さん

関連記事

Comments

Edit

清貧おやじさん

私はこの年でこの本に出会えたことを嬉しく思ってます。年をとるのも悪いことばかりではないですね。

Posted at 22:49 on 11 13, 2011  by sugata

Edit

懐かしー。
薄暗い子供部屋で、
蒸し暑い公民館で、
夕暮れの図書室で、
夢中で読んだのが思い出されます。
良い思い出をありがとう。

Posted at 21:21 on 11 13, 2011  by 清貧おやじ

Edit

きみやすさん

生頼範義さんの絵は私も好きなんですよね。初めて意識したのは、確か『幻魔大戦』シリーズだったのですが、このシリーズには他に加藤直之さんとかも描いていて、新刊が出る度にカバーを見るのも楽しみでした。

Posted at 01:19 on 11 12, 2011  by sugata

Edit

おはようございます。
これは良いですね。

自分は小学二年生の頃に読んだ
ポプラ社の『青銅の魔人』はきっかけでした・・・

懐かしいですね~。

生頼範義さんの装画も若かりし頃
どれだけ見た事か
正直、欲しくなってきました(笑)。

Posted at 09:21 on 11 11, 2011  by きみやす

Edit

舞狂小鬼さん

>私的には、是非とも次はSF・幻想版を作って頂きたいものです(笑)。

あああ、それは私もほしいですっ!

Posted at 00:25 on 11 11, 2011  by sugata

Edit

私的には、是非とも次はSF・幻想版を作って頂きたいものです(笑)。

Posted at 19:21 on 11 10, 2011  by 舞狂小鬼

Edit

ポール・ブリッツさん

あ~、小学校低学年ならポプラ社版だって十分怖いっすよ。
そういや『怪人二十面相』なんて、よりによって小林少年が仏像に化けてる絵だし(笑)。何もしらないで見たら、こりゃ何なんだって場面ですよね。

Posted at 23:51 on 11 07, 2011  by sugata

Edit

表紙絵が怖くて小学二年生になるまでポプラ社のシリーズは読めなかった覚えがあります。

勇気を出してシリーズ1巻の「怪人二十面相」に、小学生生活初めての図書室利用の授業のとき挑戦したのが運のつき……(^^;)

Posted at 19:00 on 11 07, 2011  by ポール・ブリッツ

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー