fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


連城三紀彦『変調二人羽織』(光文社文庫)

 久しぶりに連城三紀彦を読んでみる。ものは光文社文庫の『変調二人羽織』。著者のデビュー誌でもある雑誌「幻影城」に掲載された作品を中心に編んだ短編集。
 今ではミステリーという枠で括れない作風となった連城三紀彦だが、そのデビューはガチガチの探偵小説専門誌。さまざまな仕掛けや趣向を駆使し、それを叙情詩絵溢れる文体で鮮やかにカモフラージュする、といったイメージである。本書はそんな初期連城の特徴と魅力が最大限に発揮された一冊だ。収録作は以下のとおり。

「変調二人羽織」
「ある東京の扉」
「六花の印」
「メビウスの環」
「依子の日記」

 変調二人羽織

 とにかくどの作品も設定が凝っている。
 デビュー作でもある表題作「変調二人羽織」は落語家が高座の真っ最中に殺されるという話。その事件自体も興味深いが、冒頭で語られる都会を飛んでいった鶴のエピソードの絡め方がうまい。各種アンソロジーにも多く採用されているが、トリックだけでなくこういう趣きがあればこそであろう。

 「ある東京の扉」は編集者と作家の会話で構成されたアリバイ崩しもの。売れない作家が小説のネタをもちこみ、編集者に話して聞かせているという趣向だが、そのやりとりが面白く、ラストのオチが効いている。

 「六花の印」。時代も場所も違う二つのエピソード、ただし、何となく似たようなお話が平行して語られる。どちらの話も語りが実に魅力的で、その雰囲気に浸っていると最後に驚きの結末が待っている。これは凄い。傑作揃いの本書中でもイチ押し。

 「ねえ、きのうの晩、あなた、わたしを殺そうとしなかった?」という書き出しが秀逸な「メビウスの環」。夫婦の間に芽生えた疑惑は終着点がまったく見えない。真相もさることながら心理描写やサスペンスの盛り上げもお見事。

 「依子の日記」も「メビウスの環」同様、心理描写とサスペンスで読ませる一作。山中の一軒家で繰り広げられる冷たい三角関係、といえば安っぽいが、連城三紀彦はレベルが違う。

 なお、本書の解説を「幻影城」の元編集長、島崎博氏が書いているのも嬉しい。連城三紀彦のファンだけでなく探偵小説ファンにも広くおすすめしたい。

関連記事

Comments

Edit

semicolon?さん

最近のものは正直ほとんど読んでないんでわからないんですが、初期のものは探偵小説の芳香豊かですし、たぶん気に入られるのではないかと。
少なくとも本書と『戻り川心中』は試す価値ありだと思いますよ。

Posted at 00:14 on 11 15, 2011  by sugata

Edit

ポール・ブリッツさん

なるほど、幻想系の人でもホワイダニット的興味というのは確かにありそうな。
学研M文庫の名作選は買っているので、まずはこれからいってみます。

Posted at 00:10 on 11 15, 2011  by sugata

Edit

とっても面白そうですね。
>さまざまな仕掛けや趣向を駆使し、それを叙情詩絵溢れる文体で鮮やかにカモフラージュする、といったイメージである。
食わず嫌いはやめにして読みたくなりました。

Posted at 08:02 on 11 14, 2011  by semicolon?

Edit

赤江先生は、たしかに、もっともミステリ寄りな作品でも境界線上にいる作家ではありますが、その作品を「ホワイダニット」のミステリとして読むと、なかなか楽しめたりします。たいていの作品の真相は「意外なもの」ですし。

わたしも最近ハマりだしたばかりであまり読んでいないため、全貌はまったくわかりませんが……。

Posted at 07:27 on 11 14, 2011  by ポール・ブリッツ

Edit

nyamさん

間違いなくおすすめです。単にトリッキーな本格ミステリとしてみても面白いのですが、文章の味わいが、そのトリッキーさをさらに効果的にしています。ここまで双方を両立できる人はそうそういませんね。
私も久々に読んでその凄さを再認識した次第です。

Posted at 18:06 on 11 13, 2011  by sugata

Edit

読みます!

全部、未読です。楽しみが一つ増えました。勿論、ポチッとしましたとも。

やはり、「戻り川心中」ですか。アヤメが目に浮かぶような……

Posted at 16:25 on 11 13, 2011  by nyam

Edit

ポール・ブリッツさん

『戻り川心中』が出たときは衝撃でしたよね。こちらも未熟で、そういうタイプのミステリに興味があまりなかったというか、ほとんど読んでいなかったことも大きかったと思います。そこに出たのが『戻り川心中』で、私も大いに感動させてもらいました。

赤江爆はあまり読んでないんですが、けっこうミステリっぽいものもあるんでしょうか。

>トリックのためにパッションで動く赤江先生

ううむ、気になります。

Posted at 12:43 on 11 13, 2011  by sugata

Edit

連城先生といえば、「戻り川心中」を読んだ時の、脳天に馬場の唐竹割りを食らったような衝撃がいまだに忘れられません。

こないだひさしぶりに読んだけれど、いやあやっぱり凄いなあ。


最近、赤江瀑先生を読み始めましたが、通底するようで、通底しないところがありますね。
特に登場人物の動かし方。
トリックのためにパッションで動く赤江先生と、
トリックのためにメカニカルに動く連城先生。

どちらも好きです(^^)

Posted at 07:43 on 11 13, 2011  by ポール・ブリッツ

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー