FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 これまでも「甦る推理雑誌」とか「幻の探偵雑誌」とか、光文社文庫から数々の傑作アンソロジーを企画してきたミステリー文学資料館。今度は年代でミステリを区切り、その変遷を辿っていくらしい。
 その名もミステリー・クロニクル。第一弾がこの夏に出版された本書『悪魔黙示録「新青年」一九三八』である。

 まずセレクトされた年代が1938年とはなかなか挑戦的だ。第二次世界大戦こそまだ勃発していなかったが、日本は中国との交戦状態にあり、欧米列強との緊張状態の真っ只中である。国による様々な管制が敷かれるなか探偵小説も例外ではなく、欧米文化の入手はもとより国内の探偵小説も風俗壊乱の名目で取り締まりが厳しくなっていく。とはいえ地方によってはまだまだのんびりしているところもあるなど、非常に微妙な時代でもあったのだ。
 そんな頃に書かれたミステリとはいったいどんなものだったのか。

 悪魔黙示録「新青年」一九三八

城昌幸「猟奇商人」
渡辺啓助「薔薇悪魔の話」
大阪圭吉「唄わぬ時計」
妹尾アキ夫「オースチンを襲う」(随筆)
井上良夫「懐かしい人々」(随筆)
大下宇陀児「悪魔黙示録について」(随筆)
赤沼三郎「悪魔黙示録」
横溝正史「一週間」
木々高太郎「永遠の女囚」
蘭郁二郎「蝶と処方箋」

 収録作は以上。
 城昌幸や横溝正史あたりは既読だが、さすがに珍しいところを拾ってくれているのは嬉しいかぎり。ただ、1938年というキーワードで読んだにしては、思いのほか淡白な作品が揃っている印象である。
 戦時色の濃いミステリとしては海野十三の作品などをそこそこ読んでいるので、予想としてはそういう戦意高揚タイプが多いと思っていたのだが、意外や意外その手の作品はほとんどない。ただし、タイトルから想像するようなエログロというか、風俗を乱すようなものもこれまた少ない。考えたら時節柄そういうものは避ける傾向があるのは当たり前なのだが、結果的に探偵小説というより端正な犯罪小説やユーモア小説のようなものが多くなったのは興味深い。
 本書中でも一番の注目作、赤沼三郎の「悪魔黙示録」にしても、記者を主人公にしたトラベル・ミステリーの趣きすらあるほどで、全般的に楽しめはするのだが、ちょい刺激不足の感があってやや物足りない。もともとはこれの倍近い分量があったということなのだが、そちらがどういうテイストだったのか気になるところではある。

 ともあれ、このミステリー・クロニクル、狙いも面白いし探偵小説マニアには目が離せないことは確かである。今後どういう方向を攻めていくのか、まずはそちらを見守ることにいたしましょう。

関連記事

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





Ksbcさん

『新青年』という一冊の雑誌の一年分、しかも毎月出ていたわけではなかったので、そこからアンソロジーを編むというのはやはり難しいんでしょうね。
それぞれの小説の出来もさることながら、世相がどれだけ反映されているかも重要なので、いやまあ編者にとってはなかなかハードルの高いコンセプトなのかもしれません。
【2011/12/20 00:23】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

これまた少し前に読みました。
この後に大阪圭吉の創元推理文庫の2冊を読んだのこともあって、印象が弱いですね。
もっと戦争色が強いかと思いましたが、その辺がテーマではなかったようですね。
表題作も悪くはなかったですが、タイトルほどのインパクトは感じられなかったです。
まあ、シリーズとしては続けて欲しいですね。
【2011/12/19 14:42】 URL | Ksbc #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 探偵小説三昧, All rights reserved.