ADMIN TITLE LIST
 鷲巣義明の『ジョン・カーペンター 恐怖の倫理』を読む。『遊星からの物体X』や『ハロウィン』等のホラー映画で知られる映画監督ジョン・カーペンターの魅力に迫ったガイドブック。

 ジョン・カーペンター恐怖の倫理

 洋泉社から出ている『映画秘宝』のムックは面白い企画が多いが、これは『映画秘宝ディレクターズ・ファイル』と銘打たれたシリーズで、監督に焦点を当てたストレート真っ向勝負。ただし、大御所や巨匠を選ぶのではなく、わざわざジョン・カーペンターをセレクトするところが流石というか無謀というか(笑)。
 そもそもジョン・カーペンターといっても、一般にどの程度の知名度があるのか。『遊星からの物体X』あたりはまだ有名だろうが、基本的にはB級映画ばかりだから、その名前や作品をスラスラ言える人なんて相当なホラーマニアかSFマニアぐらいだろう。その人気はあくまでカルトであり、映画そのものの出来も正直、玉石混淆という方が正しい。そんなジョン・カーペンターで一冊作ってしまうのだから洋泉社は偉い。特撮好きの管理人としてもこれはやはり見逃せない。
 中身のほうはけっこうな充実ぶりである。全監督作の紹介はもちろんTV作品や未映像化作品、ターニングポイントとなる作品にはびっしりと解説やインタビューを詰め込んでおり、例によってレイアウトは少々ダサイが(苦笑)内容は盛りだくさん。

 私見だが、ジョン・カーペンターの魅力は、世の中を支配する万物の法則の一面だけを切り取り、その一つのエピソードによるインパクトでもって勝負しているところにあると思っている。すべてを説明することはないが、観る者にストレートにイメージを叩きつけていく。その積み重ねで真実が見える。
 喩えるならカーペンターの作品は短編小説なのである。ともすると陳腐に見える場合や、逆に意味不明の場合もあったりするが、その創作における姿勢は終始一貫しておりまったくブレがない。それもまた魅力のひとつである。

 なお、本書のテキストはすべてが書き下ろしというわけではなく、再録もいくらかあるようだ。その際の整合性がとれていないところがいくつかあるのは残念だが、まあ、個人的には概ね満足のいく一冊であった。洋泉社さんにはこのノリで他の監督もどんどん出してもらいたい。


テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/16 22:38】 | #[ 編集]

ksbcさん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

>カーペンター作品はけっこう好きです。

あ、意外なところに同好の士が。
単なる巧さ、という点では他にもいい監督さんはいますが、ツボの押さえ方というか、オタク心を刺激するマニアックな監督さんですよね。しかも良い意味での軽さをそなえ、エンターテインメントに徹しているところもいいです。
一般での知名度は低いのでしょうが、スネークを初めとして、日本のクリエイターにも与えた影響は決して小さくないと思います。
【2013/01/20 19:17】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

遅くなりましたが、おめでとうございます。

カーペンター作品はけっこう好きです。
本作の主人公スネーク・プリスキンかっこ良しですね。見た時にしびれた記憶があります。
その他は古いのになりますが『要塞警察』と『ザ・フォッグ』なんかイイですね。

今年もよろしくお願いします。
【2013/01/20 19:03】 URL | ksbc #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説