ADMIN TITLE LIST
 この週末は所用で京都へ。公私とも相変わらずバタバタ。


  DVDで『ウエストワールド』を視聴。1973年のアメリカ映画で、監督はあのマイケル・クライトン。
 才人クライトンが小説だけでなく映画でも活躍していたのはよく知られているところだが、本作は初監督作品にあたる。内容が後の『ジュラシック・パーク』にも通じることでも特徴的な作品である。

 こんな話。シカゴで弁護士を営むブレナンは友人マーティンと共に巨大遊戯施設「デロス」を訪れた。そこはアメリカの西部開拓時代、ヨーロッパの中世、帝政ローマ時代の三つの時代を体験できる世界だった。ゲストはそこでガンマンや騎士などに扮し、精巧なロボットの住人たちを相手にして戦いやロマンスを楽しむのだ。
 だが、厳重な管理システムにより絶対安全なはずのその施設に、いつしか綻びが生じ始めていた。ロボットのガラガラヘビが人を襲い、ホステス役の女性ロボットが客の誘いを断る。技術者たちは点検と修理のため一時閉鎖を提言するが、上層部はこれを拒否し、やがて……。

 ウエストワールド

 上でも書いたように本作の設定はほぼ『ジュラシック・パーク』と同様である。コンピュータによって管理されているはずの機械が暴走して人を襲うという、科学万能主義への警鐘は昔からよくあるネタだが、ここまで魅力的な形に昇華させたクライトンの腕前はさすが。終盤はユル・ブリンナー扮するガンマンのロボットと主人公による追いつ追われつのアクションに占められるが、こちらは『ターミネーター』を彷彿とさせ、SF映画史上、非常にエポックメイキングな作品といえるだろう。

 ただ、今こうしてあらためて観ると、意外に欠点が多く感じられる。もちろん特撮がしょぼいとかは不問である。これは時代故に仕方ないところだが、それよりも話のつなぎとか間の悪さとかが気になるのである。つまりは編集がよくないのだろう。
 また、ユル・ブリンナーのガンマンロボットの行動に矛盾があったり、コンピュータが暴走した原因がまったく説明されなかったり、オープニングのみ中途半端に未来的だったりと、イライラが募るポイントも多々あり。加えて主人公のキャラクターの弱さもマイナスであろう。
 クライトンの発想とユル・ブリンナーの怖い演技は必見なれど、あまり過大な期待はせずに観るのが吉か。






ksbcさん

あ、四国のご出身でしたっけ?
うちも映画館状況は似たようなものでした。小学生の頃は市内に映画館が三軒ありましたが、すべて半年以上遅れてくるロードショーばかりでしたw もちろん大学にあがる頃にはすべて消滅していましたね。
【2013/02/14 00:33】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

今日は、風邪(インフルではなくて良かったです)で熱っぽくて休むことにしました(笑)。

何時頃観たのかは、さだかではないですが、TVで観たことは間違いないですね。
私も四国の田舎者ですので、中学時代にウチの町と隣町の映画館は閉館してしまい、映画はもっぱらTVの洋画劇場でした。だからTVの洋画劇場や正月の洋画放送が一大イベントでした(笑)。
映画館の閉館までウチは、映画館のポスターを軒先に貼るという映画館との提携があり、毎月1枚無料招待券を映もらっておりました。ですので、ほとんど映画を有料で観た経験がありませんでした。
まあ、どうでもいいお話ですが…。
【2013/02/13 11:44】 URL | ksbc #-[ 編集]

ksbcさん

>世界観は、『ジュラシック・パーク』、ユル・ブリンナーのガンマンロボットは、『ターミネーター』の原型だと思うのですが…いかがでしょう。

そう思います。考えると贅沢ですね(笑)。

ちなみに公開当時は、観たくてしょうがなかった映画なのですが、田舎の映画館にはかからなくて大変残念な思いをしたものです。その後、何年かしてテレビだったかレンタルビデオで観て、ようやく胸のつかえがおりたんですよ。
いまやたらに本やらDVDを買うのは、そんな経験の積み重ねが影響しているというほかありません(苦笑)。
【2013/02/12 23:29】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

こんにちは。
これまた懐かしいですね。
公開当時は、SF超大作という扱いだったと記憶しております。
世界観は、『ジュラシック・パーク』、ユル・ブリンナーのガンマンロボットは、『ターミネーター』の原型だと思うのですが…いかがでしょう。
【2013/02/12 12:04】 URL | ksbc #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説