ADMIN TITLE LIST
 話題の夏休み映画がこぞって公開され始めたので、一番気になっていた『パシフィック・リム』を観る。監督はギレルモ・デル・トロ。

 ときは近未来。太平洋のある海溝から巨大な生物が突如現れ、ロサンゼルスが襲われた。米軍が総力を挙げて戦った結果、なんとか倒すことには成功したが、それはこの先何年にもわたって続く悲劇の幕開けに過ぎなかった。巨大生物は一匹ではなく、その後も次々と出現し、世界各国の都市を襲撃し始めたのだ。
 「カイジュウ」と名付けられた巨大生物を対すべく、人類の叡智が集結。そして開発されたのが二足歩行型の巨大ロボット兵器「イェーガー」だった。イェーガーは絶大な成果を上げたが、やがてカイジュウも進化適応し、人類は徐々に苦戦を強いられる。そしてイェーガー計画そのものが消滅したとき、司令官は政府から独立した組織として、最後の賭けに打って出ようとする……。

 パシフィック・リム

 日本が世界に誇る二大コンテンツ、巨大ロボットと怪獣の戦いを真っ向から取り上げた大作。いろいろと引っかかる部分もあるにはあるが、まずはこれだけやってくれれば十分だろう。

 監督のギレルモ・デル・トロはメキシコ人だが、メキシコでは数多くの日本製特撮映画やテレビアニメが放映されており、ギレルモは子どもの頃からそういったものでどっぷりと純粋培養され、生粋のオタクとして成長した方である。そんな彼が自分の思いを徹底的にぶちこんだのが本作。
 したがって日本の特撮やアニメに対するリスペクトがここかしこに窺われ、一見はいかにも今どきのハリウッドSF大作だが、ギミックや演出は意外に懐かしい感じがするのがよろしい(もちろん日本の怪獣ファンにとってだが)。怪獣やロボットの動きに、いかにも日本的な決めポーズが入ったり(○○パーンチ!とか)、怪獣プロレスをシングルだけでなくタッグマッチでも見せたり、この監督の理解度は半端じゃない。

 ロボットの操縦が二人のパイロットの脳をシンクロさせて行うというアイディアも悪くない。二人の記憶を同調させることが重要なので、パイロットは兄弟や親子という関係であればより相性が良くなるのだが、そこに絆を軸としたドラマも生まれるわけで、しかもこれがラストの科学者の活躍にもつながるという巧みさ。
 ただ、正直描き方は浅く、ちょっともったいない気はするのだけれど、まあ、この映画のメインディッシュはそこじゃないから良しとする(笑)。

 決着のつけ方がいかにも最近のハリウッドSF映画的で(このパターン多すぎるような)、そこは残念なところのひとつだが、まあ、そこも許す。
 この手の映画を真面目に作ってくれるなら、管理人としてはそれだけで十分なのである。





ポール・ブリッツさん

おお、同士を発見。これは楽しい映画でしたよね。
私は基本、字幕派なんですが、確かにこれは吹き替えもマストです。DVDが発売されたら、ぜひ映画版のキャストでそのまま録ってほしいものです。
【2013/09/03 00:23】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

昨日「ローン・レンジャー」と連チャンで見ました。

怪獣とロボットが殴り合うというだけの映画をここまで面白く撮れるのに感激しました。監督わかってらっしゃる(^^)

おれが見たかった怪獣映画というのはこういう映画なんだよう、と思いましたね。

続編が作られたらまた見に行ってしまうと思います(^^)

しかし問題は……。

吹き替え版がシネコンでやっていなかったことでありますとほほほ。「ローン・レンジャー」を吹き替えで、「パシフィック・リム」を字幕で、って、普通逆だろ! とほほほほ(T_T)
【2013/09/02 07:24】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説