fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

ジェフリー・ライナー『新・刑事コロンボ/殺意のナイトクラブ』

 DVDで『新・刑事コロンボ/殺意のナイトクラブ』を視聴。監督はジェフリー・ライナー、シリーズ通算六十九作目にして最終作品でもある。

 ジャスティン・プライスは念願だった自分のクラブをオープンさせる目前だった。資金難という問題もあったが、友人トニーからの融資も決定、あとはオープンを待つだけであった。そんなときトニーは別れた妻ヴァネッサがプライスとつきあっていることを知り、ヴァネッサに激しくつめよるが、ヴァネッサは弾みでトニーを殺してしまう。
 ヴァネッサから連絡を受けたプライスは、トニーが失踪したように偽装するが、今度はパパラッチのリンウッドが二人を脅迫し始めた……。

 新・刑事コロンボ/殺意のナイトクラブ

 シリーズ最終作ということで、ある種の感慨はあるのだが、出来そのものはまずまずといったところ。
 コロンボの追い詰め方は概ね理にかなっており、説得力をもってはいるが、それに対抗する犯人役がもろいのが残念だ。シリーズ最大の特徴ともいえる犯人とコロンボの対決が、本作ではあまりにもコロンボ有利に進みすぎて、むしろ犯人が気の毒に思えてしまうほどである。
 まあ、犯行から何からすべてが行き当たりばったりで、これでコロンボに勝とうというのが無理だわな。ただ、犯人を演じるマシュー・リスは繊細な感じがよく出ていて好演といえる。もう少し見せ場を作ってあげたかったところである。

 ミステリドラマという枠を取っ払ってしまうと、やはり興味深いのは最終作としての意味合いである。
 作り手にそういう意図があったかどうかはわからないが、もはや老人と言っていいほどのコロンボと犯人役の若者の対比、そして、ここかしこに感じられるシリーズへのオマージュともいえるような演出&設定。ここかしこで最終作の気配が感じられ、そういう観点で見ればより楽しめる一作である。

関連記事

Comments

Body
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー