ADMIN TITLE LIST
 長崎出版のGem Collectionから久々に読み残しを消化。ものはR・オースティン・フリーマンの『猿の肖像』。

 こんな話。ある夜、診療に出かけたオールドフィールド医師は、帰り道で瀕死の警官を発見する。付近で起こった宝石泥棒の犯人に殴打されたらしいが、事件は未解決のまま、いつしかオールドフィールドも事件のことを忘れていった。
 そんなる日、オールドフィールドは原因不明の腹痛に悩む陶工のピーター・ガネットを診療する。処方の効き目もなく、困ったオールドフィールドは恩師であるソーンダイク博士へ相談する。ソーンダイクは病状からそれが砒素中毒であると見抜き、ガネットは命をとりとめるが……。

 猿の肖像

 いかにもオースティン・フリーマンらしい、実にオーソドックスな本格ミステリ。相変わらず地味ではあるが、結末に至るまでの組み立て、あるいは伏線といったものがきちんとまとまっており、真っ当な本格探偵小説を書くんだというフリーマンの意志がしっかり伝わってくる。
 いかんせん注目すべきトリックなどがなく、それほど複雑な話でもないので、ラストはかなり想像がつきやすい。これが書かれたのが1938年だが、その当時にあってもサプライズの乏しさはやや苦しいものがあるだろう。
 ただ、繰り返しになるが、本格ミステリとしては非常にまとまっており、好感の持てる作品である。浮世の煩わしさから離れ、しばしクラシックの雰囲気に浸りたい向きにはおすすめではなかろうか。
 
 味付けの部分ではあるが、当時、流行していた新しい芸術運動とか陶芸についての蘊蓄や描写が思いのほか多いのは興味深い。フリーマン自身はそういった新しい波に否定的だったのだろうなというのが、文章の端々から感じられ、ちょっと面白かった。
 ちなみにタイトルの"猿の肖像"というのは、作中に出てくる陶器の置物のこと。実際どんなものかはわからないが、以前に読んだジェフリー・ディーヴァーの『石の猿』のジャケット絵のインパクトがあったせいで、読んでいる間、ついつい脳内変換されて困った(苦笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





S・フチガミさん

コメントありがとうございます。「海外クラシック・ミステリ探訪記」はいつも楽しませていただいております。

写真の件ですが、調べてみるといろいろ出てきました。さすがに『石の猿』とはずいぶん違っていましたが(笑)、雰囲気は悪くないですね。

まあ、それはともかく、トリックとロジックはついついセットで考えることが多いですが、正直ロジックだけで勝負するのは厳しいですよね。大がかりなトリックはなくてもかまわないですが、小説としての魅力が何らかの形でないことには、読者にアピールするのは難しいです。フリーマンの作品でもやはり成功しているものはプラスαが感じられます。

ところで長崎出版が倒産しているとは不覚にもまったく知りませんでした。ミステリはともかく「こびとずかん」あたりは人気だったので、まさかそういう状況だとは夢にも思いませんでした。仰るように、Gem Collectionもこれで絶版、稀覯本の道を歩みそうですね……。
【2014/09/14 21:22】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

原書で読んだものを翻訳で読むことはめったにないので、この邦訳も図書館で立ち読みした程度。なので翻訳の良し悪しはなんとも言えないのですが、英初版に載っている写真2枚が省かれているのが残念ですね。
この作品については、トーマ・ナルスジャックが『読ませる機械』で詳細に論じていますが、フリーマンは、読者を欺くトリックではなく、筋道立ったロジックを大切にした作家でした。そのことを洞察している論者がなかなか少ないのも残念です。
版元の長崎出版も倒産してしまったとかで、『ペンローズ失踪事件』ともども、稀覯本と化してしまいそうで、これまた輪をかけて残念なことになりそうです(笑)。
昨今の出版不況は、業界にとってのみならず、読者にとっても影響が大きいとつくづく実感してしまいます・・・。
【2014/09/14 20:53】 URL | S・フチガミ #-[ 編集]

M・ケイゾーさん

 オースティン・フリーマンは確かに推すのが難しい作家ですね。とにかくケレンが少ないので、単なるミステリファンはもとより、相手が本格好きであっても考えてしまいます。
 ミステリがどうこうというより、まずはその人の読書観を聞いておくことが肝心かも知れません(苦笑)。
【2014/09/06 19:05】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

 私も読んだときディーバーを連想しました。
 フリーマン人に薦めるのが難しいのですが、そういう進め方をしてみます。
【2014/09/06 17:22】 URL | M・ケイゾー #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説