ADMIN TITLE LIST
 ヘレン・マクロイの『逃げる幻』を読む。1940年代の中頃、『ひとりで歩く女』や『暗い鏡の中に』などの佳作をばんばん世に送り出しておいた時期に書かれた作品で、これは期待するなという方が無理な話である。

 まずはストーリー。精神科医でもある予備役のダンバー大尉は、ある秘密の任務を帯びてハイランド地方を訪れた。ところが旅の途中で知り合ったネス卿から、家出を繰り返す少年が荒野の真ん中で消失したという話を聞かされ、興味を覚える。その夜、宿泊先で偶然その少年を見つけたダンバーは、彼が異様なほど何かを怖れていることに気づく。そして、二日後、悲劇は起こった……。

 逃げる幻

 いやあ、面白い。これはまた非常にマクロイらしい作品である。マクロイのいいところと悪いところが明確に顕れているというか。いや、悪いところはマクロイの計算尽くだと思いたいので、ここはむしろマクロイの狙いどおりに驚かされ、考えさせられた作品といっておこう。

 ぶっちゃけ悪いところというのは表面的なトリックの部分である。すなわち少年の消失と密室殺人。この二つがかなり腰砕けで、マクロイを読み慣れていない一見さんだと「何じゃこりゃ」ということにもなるのだろうが、もちろん著者の狙いはそこではない。
 本作における最大の謎は"なぜ少年は何度も家出を繰り返すのか"なのであり、先のトリックそのものが、この謎を活かすための壮大なカモフラージュになっているといったら褒めすぎだろうか。
 だが、それぐらいこの謎の結構は鮮やかであり、しかも、それが解き明かされたとき本書のテーマが読む者の胸に迫ってくる。こういう小説としての企みが何よりマクロイは巧いのである。そしてそれを実現させる描写の確かさがある。

 特に感心したのは、このサプライズのための仕掛けである。伏線が巧妙に張られているのはもちろんだが、それを誤誘導する手並みがまた鮮やかなのだ。
 人間消失を序盤から盛大にアピールしているのもその一つだし、語り手をダンバーという精神科医に設定しているのも巧い。ダンバーは精神科医という職業柄、相手を極めて客観的かつ冷静に分析する。その断定的な分析が逆に……というところもあり、加えてダンバーが担う秘密任務がいったいどういうふうに絡むのかという興味もあって、これが忘れた頃にドカンとくるから堪らない。

 ちなみにシリーズ探偵のベイジル・ウィリング博士の登場も、本書三分の二あたりからと少々遅いタイミングである。この登場シーンも含め、事件が一気に動く終盤は至福の時間であった。テーマから謎解きに至るまで、実にマクロイらしさに溢れた一作。おすすめ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





じっちゃんさん

そういう人は多いと思います。精神衛生上、絶対によろしくないですから。
【2014/11/12 23:29】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

なるほどね。

私はある売れっ子ミステリ作家の叔母様と知り合いで、その関係でその作家さんと短いメールのやり取りをしたことがあるのですが、彼は自分の作品に対する新聞雑誌のレビューはいっさい見ないことにしているとおっしゃってました。
【2014/11/12 03:19】 URL | じっちゃん #4o1CV0zs[ 編集]

じっちゃんさん

『暗い鏡の中に』ぐらいはいい方ですよ。みなさん一応は読んでるみたいですし。私も出版関係の人間なんですが、たずさわった本が理不尽なレビューをされて、頭に血が上ったことは数多くあります(苦笑)。出所のハッキリしない事前情報を鵜呑みにして、読んでもいないのに★ひとつとか、どういうことやと(笑)。
だから、だいたいそういう無茶苦茶を書くのは、自分の好き嫌いと半径50cmぐらいでしかものを考えられない、いろいろと不自由な人なのだなと思うことにしています。
【2014/11/12 00:41】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

sugataさんは大人ですね~。そうですよね。肝心なのは他人がどう思うかではなく、自分がどう評価するかですもんね。アマゾンの悪評に一瞬たじろいだ私は、まだ修行が足りません(´-﹏-`;)
【2014/11/11 01:31】 URL | じっちゃん #4o1CV0zs[ 編集]

じっちゃんさん

お遍路、お疲れ様です。
『暗い鏡の中に』はいい作品ですよね。まあ、某巨大ネット書店のレビューは玉石混淆の最たるものですから、基本的には自分に合うものだけ読んでおくぐらいでいいんではないでしょうか。
【2014/11/10 23:23】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

v-12四国遍路中なう。

『暗い鏡の中に』読みました。感服しました。紛れもない傑作です。あまぞで悪口言ってる人たちはミステリの楽しみ方を知らない可哀想な方々ですね。詳しい感想は遍路から帰ってから。ではでは。
【2014/11/10 09:30】 URL | じっちゃん #4o1CV0zs[ 編集]

じっちゃんさん

おお、ありがとうございます。著者に成り代わりまして御礼申し上げます(笑)。
ぜひお楽しみくださいませ。
【2014/11/05 23:17】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

sugataさん

ご推薦ありがとうございます。
では、定評ある『暗い鏡の中に』を試してみましょう。

⇒ということで、早速アマゾンで買いました!(^^)!
【2014/11/05 04:31】 URL | じっちゃん #4o1CV0zs[ 編集]

根岸鴨さん

おっと、ベスト1ですか! でも推したくなる気持ちはわかります。
マクロイの作品は本格として完璧というわけではなく、むしろ欠点もあったりするのですが、オリジナリティの高さと読者の斜め上をいくような仕掛けは、なかなか他のミステリでは味わえないものですよね。ミステリとしては間違いなく一級品ですね。
【2014/11/05 00:53】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

じっちゃんさん

マクロイがまだ未読というのはある意味、羨ましい。個人的には読んでつまらなかった作品はありませんが、しいてオススメをあげるとすれば、『家蠅とカナリア』『幽霊の2/3』『逃げる幻』『暗い鏡の中に』あたりでしょうか。積ん読を片づけたらぜひお試しを。
【2014/11/05 00:53】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

こんにちは。
個人的に今年の翻訳で読んだなかではベスト1かなーと思っております。
【2014/11/04 16:39】 URL | 根岸鴨 #mvcB0rpk[ 編集]

そそられる、かつ親切な書評ですね。

ヘレン・マクロイは未読です。
チャレンジしたいところだけど、
まずはたくさんある積ん読本を
片づけないとなあ。
【2014/11/04 15:26】 URL | じっちゃん #4o1CV0zs[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説