ADMIN TITLE LIST
 ヘレン・マクロイの『あなたは誰?』を読了。珍しやちくま文庫からの刊行だが、以前こそ戦前国産探偵小説を出してくれたこともあったが、翻訳物となると最近ではチェスタトンがあるぐらいで、他はとんと思いつかない。チェスタトンにしても純粋なミステリは少ないし。
 どういう経緯があったかは知らぬが、この先の展開が気になるところではある。

 まあ、それはともかく。本作は精神科医のベイジル・ウィリング博士を探偵役とするシリーズの一冊。マクロイ初期の本格探偵小説ということで、これは読む前から期待が膨らむ。

 こんな話。ナイトクラブの歌手・フリーダは精神科医の卵であるアーチーと婚約し、二人はお披露目のため、アーチーの故郷ウィロウ・スプリングへ向かうことになった。ところがその矢先、フリーダのもとに「ウィロウ・スプリングには行くな」という警告の電話が入る。
 不安はそれだけではない。この婚約を快く思わないアーチーの母・イヴ、いつかはアーチーと結ばれることを夢見ていた幼馴染のエリス、ヨーリッパから突然やってきた一族の厄介者イヴの従兄弟・チョークリー。小さな火種がくすぶる中、到着早々にフリーダの部屋が荒らされる事件が起き、そして隣人のマーク上院議員の家で催されたパーティでついに殺人事件が起こる……。

 あなたは誰?

 おお、これはいいではないか。物語の興味はストレートなフーダニット。いったい誰が殺人事件の犯人なのか、ということだが、それと並行して描かれるフリーダを脅迫する人物の存在が面白い。
 二つの事件の犯人は同一犯なのか、それとも別人なのか。それぞれの動機は何なのか。状況からどちらの事件も犯人は内部のものに限られている。しかもその容疑者はごくごく少数。この極めて難易度の高い状況で、マクロイは周到な仕掛けを講じ、伏線を張りまくる。

 特に感心したのはメインの仕掛けである。この仕掛けが事件全体を構築しているといってもよいのだが、マクロイはその仕掛けをストレートに真相につなげるのではなく、そこから一捻り加えており、ここが巧いのである。ネタの性格上、曖昧にしか書けないのが歯がゆいかぎりだが、これはまあ読んで驚いてほしいとしか言いようがない。
 実を言うと、この仕掛けは今ではそれほど珍しくもないのだが、それを1943年の時点で、この完成度で成立させているのが素晴らしい。

 ちなみにタイトルの『あなたは誰?』の原題は『Who’s Calling?』。
 冒頭ですぐにその意味するところが理解できるだろうけれど、実は本当の意味は別のところにある。読後、そのタイトルのつけ方の巧さにも唸らされるわけで、いやあ、マクロイの作品はどこをとっても面白い。おすすめ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





S・フチガミさん

いやあ、素晴らしい作品でした。マクロイがどういう着地点を企んでいるのか、非常に興味をもって読みました。実は終盤のベイジルの説明があったときは、「あ、これ系?」という気持ちも少しあったのですが、読み進むうちにこれはそんなイージーなものではないなと。それを踏まえての285ページ以降は実にスリリングでした。まあ、当時はこのネタそのものも全然イージーではなかったと思いいますし、リアルタイムで読んでいたら、どれだけ衝撃的だったのかと思います。
完成度の高さもまったく同感で、サプライズだけでいったら他に譲る作品もありますが、トータルの出来では確かにこれはトップクラスです。

ぜひ今後も面白い作品をご紹介ください。とりあえず次のコニントンにも期待しております。がんばってください!
【2015/11/07 19:21】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

読んでいただき、ありがとうございます。
私が読んだマクロイの作品の中でも謎解きとして最も緻密さと完成度の高い作品だと思います。
『家蠅とカナリア』や『暗い鏡の中に』ももちろん素晴らしいのですが、長所がピンポイント的で、その分わかりやすくて人気も高いものの、緻密さでは『あなたは誰?』に及ばないと思っています。
手がかりもハラハラするくらいあからさまにばらまいてあるのですが、いろんな方の感想を見ると、意外と気づく人は少ないようです。仕掛け方がうまいせいもあるのでしょうけれど。
【2015/11/07 18:29】 URL | S・フチガミ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説