fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


ジョルジュ・シムノン『メグレたてつく』(河出文庫)

 久々にメグレものから一冊。河出文庫版の『メグレたてつく』を読む。

 こんな話。ある日、メグレ警視は警視総監から出頭の要請を受ける。言葉を濁し、なかなか意図を明らかにしない総監だったが、どうやらメグレが犯した失策について自ら責任をとるよう求めているらしい。
 しかし、そもそも失策についての心当たりがないメグレ。総監から渡された書類に目を通し、ようやく事態に納得がいく。
  先日のこと。メグレは深夜に若い娘から電話を受けていた。地方からパリに出てきたが友人とはぐれ、お金もなく困り果てているという。そこでメグレはホテルを紹介してやったのだが、その若い娘はメグレに酒を飲まされてホテルに連れこまれたと供述していたのだ。
 何者かがメグレの失脚を狙っている。メグレは部下とともに背後で糸を引いている人物を探ろうとするが……。

 メグレたてつく

 1964年に書かれたものだからシムノン円熟期の作品といっていいだろう。
 内容的にはメグレ自身が今でいうセクハラ事件に巻き込まれるという異色作。書かれた時代もあるのでセクハラそのものが問題視されるというわけではなく、被害者とされる女性が政界の大物の関係者ということで、その筋から圧力をかけられるメグレがいかにして突破口を見出していくかが見せ場である。
 とはいえ、どんな設定であろうともメグレ・シリーズはメグレ・シリーズ。最近の英米の警察小説であれば政治的なテーマも多いし、それこそ政治的な決着も多いのだけれど、メグレものは基本まったり展開であり、その視線の先にあるものは常に人間の営みである。
 いつにないメグレ自身のピンチということで読者としては気が急くところもあるのだが、最後はきちんと犯罪者の心理にコミットしてゆくのが心地よい。

 また、本作のメグレは事件の当事者ということもあり、いつも以上にその心情を吐露しているのも興味深い。なんせ本作のメグレは三年後に定年を控えているのだ。その花道をこんな形で失ってしまうのか、怒りや情けなさ、プライドが入り混じったメグレと、上司や部下、妻との会話が味わい深い。
 メグレものは今更ミステリとして良いとか悪いとか評価する気もないのだが、うむ、これはおすすめ。

関連記事

Comments

Edit

papayoyoさん

コメントありがとうございます。
私も他の方の書評に触発されて本を買うことはよくありますね。ただインプットが増えるのはいいのですが、結果的に積ん読も増える一方で……。個人的には、そういう本はすぐに読まないと、後回しになることが多いように思います。
『メグレたてつく』は文庫化されてすぐに買ったはずですが、購入動機がシムノンの本だから、というだけだったので、いつのまにか15年も寝かせてしまいました(笑)

Posted at 11:08 on 04 24, 2016  by sugata

Edit

年初に閉店した横浜の古本屋でこの本を購入しました。でもまだ読んでいません。この記事を読んで是非読まなければと。閉店した店の跡地にまた新しい古本屋が誕生したようで、大好きなメグレシリーズをまた探しに行こうと思います。

Posted at 10:23 on 04 24, 2016  by papayoyo

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー