fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


『映画秘宝EX 最強ミステリ映画決定戦』(洋泉社MOOK)

 先週に続いて、今週も『シン・ゴジラ』を観てしまう。今回はいろいろ復習もしたので、さらにポイントを細かく楽しめたのがよかった。
 帰りには買い逃していた『横溝正史&金田一耕助シリーズDVDコレクション』の38巻と39巻を購入。買ってはいるが、これいつ観るんだ。007鑑賞計画も途中で止まってしまっているのでそろそろ再開したいのだけれど、映画やDVDは読書以上に時間をガッツリとられるので面倒だ。

 書店では、たまたま店頭で『映画秘宝EX 最強ミステリ映画決定戦』を見つけ、最近、この手のガイドブックを買っていなかったなぁと思い、とりあえず購入。

 最強ミステリ映画決定戦

 中身は映画ミステリのオールタイムベスト本で、このミスの映画版と思えば話が早い。ただ、構成はこのミスに比べてもはるかにシンプルで、映画関係者100人のアンケートをもとにしたランキングでベストテンまで紹介し、あとは各人のベストテン+コメントがほぼすべて。これに対談やコラムがいくつかといった案配である。

 基本的には映画秘宝らしく、とんがったというかやんちゃというか、要はウケ狙いのランキングが多くてこれが楽しい。オーソドックスなランキングは大手に任せ、やはり映画秘宝はこの路線でなくては。構成的には芸がなくても、ランキングとコメントだけでも十分に堪能できる。
 この手のガイドブックで一番求められるのは、未見の映画を見たくなる衝動をどれだけ駆り立ててくれるかだと個人的には思っているのだが、それは間違いなく満たしてくれるだろう。

 ちなみに一位にはかなり意外な作品が入ってきて、メジャーどころでランキングをやってもまずこの結果にはならないだろう。もちろん作品自体は素晴らしいけれども、なんとなく一位にしにくい作品なんだよなぁ(苦笑)。
 まあ、どんな作品が一位になったのか、気になる人は店頭でご確認を。

 最後にひとつだけ注文をつけておくと、相変わらず洋泉社MOOKの誌面デザインやレイアウトのセンスはひどくて損をしている。このB級のノリを活かしたいという意向もあるのだろうが、それにしても。
 ファッショナブルに作れとかは言わない。せめて普通に読みやすいデザインにできないものだろうか。ほんと、もったいない。

関連記事

Comments

Edit

きみやすさん

おお、きみやすさんも2回目ですか。印象的なシーンも多いですが、個人的にはヤシオリ作戦がスタートするところで宇宙大戦争のマーチがかかったときは思わず背筋がぞくっとしましたよ。あのシーンを見たいがために2回目を観たといっても過言ではありません(笑)。

Posted at 23:02 on 08 08, 2016  by sugata

Edit

こんにちは。
『シン・ゴジラ』自分もようやく、2回目を観る事が出来ました。
スルメのように細かい所が味がでてくる、といいますか
一つ一つがおもしろいですよね。

Posted at 15:01 on 08 08, 2016  by きみやす

Edit

ポール・ブリッツさん

>◎「仁義なき戦い」
>○「狂い咲きサンダーロード」
>▲「人魚伝説」
>×「Wの悲劇」

ハズレです。っていうか作品は素晴らしいですが、そこまでミステリに入れますか(笑)。
ちなみに「人魚伝説」は未見、「Wの悲劇」 はたぶんテレビで見たような……。そんなに推すならちょっと観ておきたいですね。

Posted at 23:01 on 08 07, 2016  by sugata

Edit

◎「仁義なき戦い」
○「狂い咲きサンダーロード」
▲「人魚伝説」
×「Wの悲劇」

というところでどうだ!(笑)

……いや近所に売ってないので(^^;)

Posted at 15:19 on 08 07, 2016  by ポール・ブリッツ

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー