ADMIN TITLE LIST
 論叢海外ミステリからちょっと古めの一冊。エラリー・クイーンのパスティーシュやパロディ作品をまとめたアンソロジー『エラリー・クイーンの災難』を読む。編者はエラリー・クイーン研究家として知られ、エラリー・クイーンファンクラブ会長も務める飯城勇三氏。
 まずは収録作から。

【第一部 贋作篇】
F・M・ネヴィンズ・ジュニア「生存者への公開状」Open Letter to Survivors
エドワード・D・ホック「インクの輪」The Circle of Ink
エドワード・D・ホック「ライツヴィルのカーニバル」The Wrightsville Carnival
馬天「日本鎧の謎」日本木制鎧甲之謎
デイル・C・アンドリュース&カート・セルク「本の事件」The Book Case

【第二部 パロディ篇】
J・N・ウィリアムスン「十ヶ月間の不首尾」The Months' Blunder
アーサー・ポージス「イギリス寒村の謎」The English Village Mystery
リーイン・ラクーエ「ダイイング・メッセージ」Dying Message
ジョン・L・ブリーン「CIA:キューン捜査帖〈漂窃課〉 画期なき男」C. I. A.: CUNE'S INVESTIGATORY ARCHIVES PLAGARISM DEPARTMENT The Idea Man
デヴィッド・ピール「壁に書かれた目録」The Cataloging on the Wall
J・P・サタイヤ「フーダニット」WHODUNIT?

【第三部 オマージュ篇】
ベイナード・ケンドリック&クレイトン・ロースン「どもりの六分儀の事件」The Case of the Stuttering Sextant
ジェイムズ・ホールディングアフリカ川魚の謎」The African Fish Mystery
マージ・ジャクソン「拝啓、クイーン編集長さま」Dear Mr. Queen, Editor
ジョシュ・パークター「E・Q・グリフェン第二の事件」E. Q. Griffen's Second Case
スティーヴン・クイーン「ドルリー」DRURY

 エラリー・クイーンの災難

 世界初のクイーン・パスティーシュ集という触れ込みなので、それはいいのだけれど、いかんせんホームズのパスティーシュほど作品数が多くないせいか、粒揃いの作品集とはいかなかったようだ。正直、出来不出来の差はけっこうある。

 そんな中で健闘しているのが、第一部の贋作篇。真面目にクイーンの作風をなぞっており、どれも楽しめた。
 トップを飾るのはクイーンの伝記評論が翻訳刊行されたばかりのネヴィンズ・ジュニア による「生存者への公開状」。事件のメイントリックよりもネタの落としどころが面白い。
 クイーンの代作経験もあるホックは二作収録されているが、オススメは「インクの輪」。連続殺人の謎を追ういわゆるミッシング・リンクものだが、長篇にできるぐらいの魅力と謎をそなえた佳作。パスティーシュでここまでやるのは少々もったいない気もするが(苦笑)。
 珍しや中国からの作品は馬天「日本鎧の謎」。着想は悪くないのだが、ここまでいくと同人っぽいというか少々やりすぎで、個人的には入り込めない。
 「本の事件」もなかなかいい。老いたクイーンが、なんとジューナの子供たちが巻き込まれた事件の謎を解く。クイーン自身の著作をトリックにしていたり、パスティーシュゆえの魅力や仕掛けがふんだんに盛り込まれた佳作。ただ、ジューナ一族の扱いが酷くて、クイーンファンの一人としてはそこが不満。

 第一部に比べ、第二部のパロディ篇はそうとうきつい。単純にパロディやミステリとしてつまらないものが多く、ほとんどが言葉遊びに終始する作品ばかりである。海外作家のクイーンに対する印象が垣間見えて、そこだけは興味深い。
 ただし、J・P・サタイヤの「フーダニット」だけは例外。なんとスタートレックにクイーン父子が乗り込んで殺人事件を解決するというもので、その設定だけでも十分面白いのだが、冒頭からそれをさらに上回る仕掛けが施されていたことに唸らされた。
 とはいえ、これは逆にスタートレックファンが怒るんじゃないか(苦笑)。

 第三部のオマージュ篇も第二部と似たり寄ったり。しかし、こちらも最後に収録されているスティーヴン・クイーン「ドルリー」については別格でよくできている。
 本作は著者名やタイトル名からもわかるように、クイーンのオマージュであると同時にスティーブン・キング『ミザリー』のパロディにもなっている。しかも『ミザリー』の世界観に恐ろしいぐらい見事にクイーン自身やドルリー・レーンというキャラクターをはめこんでいる。
 そもそも元がホラーなのでミステリとしては大した作品ではないのだけれど、いやいや、パロディとしてはなかなかお見事である。
 ちなみに解説では、作者の正体についてはぐらかされているが、『ミザリー』以降の時代であれば作者不詳などということもないだろうから、これはおそらく日本人、それこそエラリー・クイーンファンクラブの誰かが書いたものではないかな。

 ということで、そこそこクイーンを読みこんでいないと楽しめない作品ばかり、おまけに収録作の出来の差も激しいけれど、クイーンのファンなら楽しめる一冊といってよいだろう。
 マイフェイヴァリットは「インクの輪」、「本の事件」、「フーダニット」、「ドルリー」といったところで。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





ポール・ブリッツさん

ミステリとか関係なく「おまえ、アナグラムやりたいだけちゃうんか?!」みたいな作品がけっこう多くて、ホームズパスティーシュに比べると層の薄さをひしひし感じました。
チャンスはあるかも(笑)。
【2017/02/04 21:06】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

未読ですが、こんな企画で本が出るならなんとかして渡りをつけて「イギリス薬瓶の謎」を売り込むんだった(笑)

どうせ無理だからなんとでもいえる(笑)
【2017/02/04 20:44】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説