ADMIN TITLE LIST
 R・D・ウィングフィールドの『冬のフロスト』を上巻まで。
 今月末にはいよいよフロスト警部シリーズの最終作『フロスト始末』が出るようなので、さっさと未読の一作を消化しておこうという目論見である。まあ、十分に面白いシリーズだし、すべて順番に読んできてはいるのだが、個人的には本書の分厚さが少々ハードルになっていて、気づけば四年間も放りっぱなし。『フロスト始末』刊行の知らせに、ようやくその気になった次第である。

 冬のフロスト(上)

 さてフロスト警部シリーズといえば、ユーモアを味付けにしたモジュラー型の警察小説。フロスト警部を初めとするデントン署の個性的な面々が、次から次へと管内で発生する大小とりまぜたいくつもの事件を同時進行で捜査する。その目一杯詰め込んだドタバタぶりと、それが最後にはきちんとクリアされる読後感の良さが最大の魅力だろう。
 本作でも冒頭から、少女誘拐事件、売春婦殺害事件、コンビニ強盗、怪盗”枕カヴァー”、大量の酔っ払いなど、とにかく事件のオンパレード。これがどういうふうに繋がるのか、関係あるのかないのか。ひとつひとつはややこしい事件でもないが、過剰なまでの事件数が、すこぶる状況を悪化させ、そして読者を楽しませてくれる。

 本作も上巻まで読んだところではすこぶる快調。すでにいくつもの伏線が回収され、解決された事件もあるが、メインとなる事件はまだまだ混迷を極めている。
 フロストは、そして著者はこれをどうやって収束させるのか、下巻にも期待である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説