FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
  R・D・ウィングフィールドの『フロスト始末』をとりあえず上巻まで。おなじみデントン署のダメ警部フロストを主人公にしたシリーズだが、ご存知のように作者のウィングフィールド氏は2007年で亡くなっているため、本作はシリーズ最終作にして遺作となる。

 フロスト始末(上)

 しかし最終作とはいっても、特別、作風やスタイルが変わるわけではない。フロストやマレット署長をはじめとしたレギュラー陣のやりとりは絶妙だし。ストーリーもいつもどおりのモジュラー型ということで、そのカオスっぷりも相変わらず。
 そういうわけで上巻を読んだかぎりでは、いつもどおり盤石の出来といえそうなのだが、最終作ならではと思われる場面もちらほら。それがフロスト警部のいつになく弱気な発言や過去の回想シーンだ。
 事件もさることながら、このあたりが下巻でどのように巻き取られるのか、気になるところである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説