fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


ジョン・ディクスン・カー『バトラー弁護に立つ』(ハヤカワミステリ)

 とりあえずジョン・ディクスン・カー邦訳全作読破をめざしているのに、ここ数ヶ月というものさっぱりご無沙汰。それというのも家の本を少し整理したときに、カーの積ん読分がどこかへいってしまい、まったく所在がわからなくなってしまったのである。そんなとき、ネットオークションでたまたま落札できたのが『バトラー弁護に立つ』。実に久々のカー読了とあいなった。

 本作の主人公はフェル博士やH・M卿ではなく、『疑惑の影』にも登場するバトラー弁護士(と書きながら『疑惑の影』は未読だったりする)。作中でフェル博士について触れるところもあり、くすぐりは楽しい。だがいかんせん、それを帳消しにするのがカーお得意のドタバタ劇とロマンス。いつも以上の激しいお芝居に気持ちが入り込めず、正直、カーのいい読者でなかった頃を思い出してしまった。ややもすると読者を置いてきぼりにする危険をはらむところが、カーの欠点ではある。はまるときははまるんだけど、今回はダメ。
 これでメインのネタである密室殺人とダイイング・メッセージがよければ救いはあるが、そちらもちょっと落ちるレベルで、とりわけダイイング・メッセージの方はいただけない。やや消化不良の読書であった。

関連記事

Comments

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー