FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 先日読んだ『怪人ジキル』はまあとにかく怪書というにふさわしい一冊だったが、とりわけ殺人タンスの存在は衝撃的であった。さらに驚いたことには、この殺人タンスの元ネタがカミのルーフォック・オルメスものの一作であり、しかもその作品が盛林堂ミステリアス文庫で刊行される『ルーフォック・オルメスの事件簿』に収録される予定だと(※当時はまだ刊行予定だった)解説にあるではないか。
 それはさっそく確かめてみなければということで、本日の読了本はカミの『ルーフォック・オルメスの事件簿』。

 ルーフォック・オルメスの事件簿

Le plafond noir「黒い天井」
Le Mystère de Trou-du-pic「トンガリ山の穴奇譚」
Vierge quand même!「処女華受難」

【パスティーシュ】
北原尚彦「宝石泥棒ムササビ男」
横田順彌「東京タワーの潜水夫」

【絵物語】
Vierge quand même!「盗まれた人工処女膜事件」(木村しゅうじ 画)

 収録作は以上。もともと本書は創元推理文庫で刊行された『ルーフォック・オルメスの冒険』の拾遺集的な企画で、純粋なルーフォック・オルメスものは最初の三作である。
 これでは一冊にできないということで、本書の企画者・北原直彦氏がオルメスもののパスティーシュを書き上げ、さらにはオルメスファンだというSF作家の横田順彌氏にもパスティーシュを依頼してできあがったものが本書。付録として「処女華受難」を絵物語にアレンジした!「盗まれた人工処女膜事件」が収録されている。

 「黒い天井」はカフェで起こった奇怪な殺人事件の謎を追う。天井から見えざる手が伸びてきて、カフェにいた人々を絞殺するのである。のっけからカミの妄想大爆発というか、トリックがあまりにもアホすぎて普通に考えると完全正解はほぼ不可能だろう。あ、でもオルメスがカフェの天井を黒く塗れと指示したときは、いやな予感がしたけれども(笑)。

 「トンガリ山の穴奇譚」はホテルの一室から起こる激しい情事の叫びの謎を追う。しかし、その叫びの主の姿はどこにも見えず……。クラシックな怪談調というのが意外といえば意外だが、内容的にはかなり落ちる。

 そして『怪人ジキル』の元ネタ「処女華受難」。さすがカミである。殺人タンスだけではなく、タイトルにもある処女性、早い話が貞操を冷蔵保存することでいくら火遊びしてもいつでも純潔に戻せるという研究とか、もうこの誤った倫理観が最高である。
 肝心の殺人タンスの件りだが、本家のこちらでも後半に登場。パリの街を暴れまわって最後には墜落死する。ううむ、これはまたなんとも。『怪人ジキル』はカミの本作を元ネタにしたどころのレベルではない。オマージュなのかインスパイアされたのか、はたまたパロディ、パスティーシュ。言い方はいろいろあろうが、これはやはりパクリだよなぁ(笑)。

 パスティーシュといえば北原、横田両氏によるパスティーシュも悪くない。ただ、横田氏の方はより自らの個性が出過ぎているのか、再現度は低いように思う。
 片や北原氏の「宝石泥棒ムササビ男」は、カミのパスティーシュというよりカミの翻訳のパスティーシュといったほうが適切な気もするが、それにしてもカミの雰囲気がよく出ている。アホさ加減もいい感じで、これは知らずに読んだら信じてしまうレベルだ。

 ということでボリューム不足はちと感じるもののなかなか楽しめる一冊である。
 ただ、『怪人ジキル』と続けて読むとさすがに食傷気味になったので、次はもう少ししみじみとしたものを読むとしよう。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





KSBCさん

面白いですねぇ、カミは。こういうナンセンスを受け入れた出版社もすごいと思います。

>こんな怪作を読ませてもらえる幸せ?盛林堂さんのおかげです…まったく。

実にありがたいですよね。ただ、最近、ペースが早くなっている気がして、少々、情報を追いかけるのが大変になってきてます(苦笑)。
【2018/09/27 23:56】 URL | sugata #-[ 編集]

ども。
流石に『ジキル』を読んでいると衝撃は落ちますが、
どちらもそのぶっ飛び具合に開いた口が塞がらない快作いや怪作ですね。

こんな怪作を読ませてもらえる幸せ?盛林堂さんのおかげです…まったく。
【2018/09/27 13:06】 URL | KSBC #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説