FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 ケイト・モートンの『忘れられた花園』をひとまず上巻まで読む。
 著者の作品は初めて読むが、本作以降、日本で刊行されている『秘密』、『湖畔荘』が軒並みベストテン入りしているので、気にはなっていた作家である。
 ざくっと調べてみると、ケイト・モートンはオーストラリア出身。子供の頃から英国の児童文学を好み、やがて英文学を学ぶほど、強く英国やその文化に惹かれたらしい。本作にもそんな英国の児童文学の影響が色濃く反映されており、まだ上巻の段階ではあるが、なかなか引き込まれる。
 詳しい感想は下巻読了時に。

 忘れられた花園(上)

関連記事

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 探偵小説三昧, All rights reserved.