FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 湘南探偵倶楽部さんが復刻した『深夜の鐘』を読む。『都会の怪獣』と同じく楠田匡介の手による子供向け探偵小説。連載された媒体も『都会の怪獣』と同様で、小学館の学習月刊誌『小学六年生』 。昭和二十九年四月号~三十年三月号にかけてなので、ちょうど一年かけて連載されたことになる。

 こんな話。春休みを利用し、友人の林君とともに市川の別荘へ遊びにきていた少年探偵として知られる小松良夫少年。二人はあるとき近所にある名古伝屋敷の不思議な噂を耳にする。
 その家にかつて住んでいた名古屋博士が亡くなったとき、博士は自分の体がミイラになるよう、自分で発見した金属で作った棺に入れられたのだという。そして遺言によって、二十五年後に棺を開け、ミイラになっているかどうか確認してくれと書き残したのだ。その二十五年後がちょうど今年なのである。
 その遺言が現実のものとなったのか、二人の前にはミイラ男が出没し、怪奇な事件が起こってゆく……。

 深夜の鐘

 『都会の怪獣』の二年後に書かれた作品だが、そこまで上手くなったという感じはないかな(苦笑)。
 問題はやはりストーリーの荒さにあって、特に前半は何が起こっているのかさっぱりわからないまま次々と派手な事件が起こるので、余計に混乱しがちである。これも月刊誌連載ということで、興味を持続させるための方策だとは思うのだが、逆に月刊誌連載ゆえこれまでのストーリーをきちんと理解することが必要なわけで、子供たちには少々ハードルが高かったのではないだろうか。いや、それでも娯楽が少ない時代のこと、当時の子供たちは繰り返し前の号も読んでいた可能性もあるけれども。

 ただ、そういう欠点や、その他ツッコミどころも多々あるけれど、熱量は高いし、注目すべき点もある。
 たとえば本作最大のギミック、ミイラ男の存在だが、これが途中から二人になるアイデアは面白い。重要な登場人物の偽物が登場するなんてパターンは割とよくあるけれども、よりによって怪人の本物と偽物が出るというのはもしかすると初めて読んだかも。

 ちなみに本作の主人公・小松良夫少年だが、彼は『都会の怪獣』にも登場しており、いわばシリーズ作品のようだ。ほかにも小松良夫の登場する作品はあるのだろうか。
関連記事

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





YSさん

あ、ほんとだ。お恥ずかしい(笑)。
いつの間にか昭和三十年が西暦の1930年に脳内変換してしまったようです。
【2019/06/03 23:56】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

>三十年後に同じ雑誌で

は、は、は。西暦と昭和の違いを勘違いなさっておられます。さすがに昭和60年には乱歩はもう鬼籍に入っています。
【2019/06/03 23:17】 URL | YS #pGIIkbQ6[ 編集]

YSさん

おお、『おれは二十面相だ』にミイラ男×2が登場していましたか。読んではいますが完全に内容を忘れていました。
しかし、三十年後に同じ雑誌で同じ怪人が同じ数だけ登場するというのは、偶然とはいえ面白いですね。
さすがに編集者も変わっているでしょうが、たまたま昔の紙面をみた別の編集者が入れ知恵した可能性はもしかすると(笑)。
そのうち乱歩のほうも読んで、出来栄えを比べてみたい気もしますが、まあいつになるやら。
【2019/06/03 22:15】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

こんにちわ。ミイラ怪人2人といえば、真っ先に思い出すのが、乱歩の『おれは二十面相だ(二十面相の呪い)』ですね。1960年4月から翌年の3月号まで、こちらも奇しくも? 『小学六年生』に連載されたのが、初出です。まさか当時の両作品の編集者が同一で、乱歩の方に入れ知恵したということはない……? とは思いますが(笑)。
【2019/06/03 12:28】 URL | YS #pGIIkbQ6[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 探偵小説三昧, All rights reserved.