FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 今週は仕事が何かと忙しなく、ようやく『このミステリーがすごい!2020年版』をパラパラと。

 このミステリーがすごい!2020年版

 今ではなんだかんだ言われることも増えた『このミス』だが、ミステリのランキング本では一応、真打。たんに最後に出るだけという話もあるが(苦笑)、それでも信頼性がほかのランキングより多少なりとも高い気がするのは、やはりその出自(文春ミステリーベスト10のアンチテーゼとして誕生)、そして中立性の高さゆえだろう(公平を期すために自社の本は対象外としている)。

 とはいえ、かつて『このミス』の売りだった座談会をはじめとする企画ページがほぼない現状は、さすがに物足りない。アンソニー・ホロヴィッツの寄稿や皆川博子×辻真先の対談は悪くないが、これらはランキング紹介の延長みたいなもので、決して“企画”というレベルじゃないしなぁ。
 表紙を飾った白石麻衣のインタビューも、白石麻衣自身に罪はないけれど、この本の読者にどれだけ響いていることやら。

 ランキングについては、もう正直どのベストテンを見てもそこまでの差はない。なんせ今年の1位は「ミステリが読みたい」も「文春ミステリーベスト10」も同じ結果、アンソニー・ホロヴィッツの『メインテーマは殺人』である。しかも二年連続ホロヴィッツの三冠なので、ここは意地でも『このミス』なりの尖ったところを見せてほしかったかな。それだけ作品が良かったということでもあるので、仕方ない部分もあるのだけれど。
 それでもニクラス・ナット・オ・ダーグ『1793』、ハーラン・エリスン『愛なんてセックスの書き間違い』、マイケル・オンダーチェ『戦火の淡き光』あたりがベスト20に入っているところは『このミス』の特徴が出ているのかもしれない。

 まあ、そのうち恒例のランキング比較もやってみたいので、そこでより特徴が見えてくるかも。

関連記事

テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌





KSBCさん

>もう、このミスらしい企画・読み物が…手応えなしになってきました。

あまりに企画ものが少ないと、文春や早川のように雑誌に掲載する程度で十分だと思いますね。困ったものです。

>いまや新刊をほとんど読まなく、いや読めなくなってきたのですが、今後の道標とさせていただきます。

私も新刊を追っていくのが面倒なので、三つの平均出せば、さすがに外れもそうそうないだろうと、自分の趣味のために始めた集計なんですが、いざやってみるといろいろ気づきもあったりして、けっこう楽しんでます。
【2019/12/18 23:54】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

年末となり、「このミス」の季節がやってきましたね。
もう、このミスらしい企画・読み物が…手応えなしになってきました。
昨年に続き女性アイドルが表紙ですが、書かれている通り、当方には、効果はマイナスといったところでしょうか?
ずっと買いつつけてきましたが、いよいよその時が近づいているかもです。

話は変わりますが、年末集計ご苦労さまです。
いまや新刊をほとんど読まなく、いや読めなくなってきたのですが、今後の道標とさせていただきます。
【2019/12/18 20:07】 URL | KSBC #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 探偵小説三昧, All rights reserved.