fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


小野純一/編『大阪圭吉自筆資料集成』(盛林堂ミステリアス文庫)

 ゴールデンウィーク最終日。新型コロナウイルス、延いてはテレワークの影響などもあって、仕事や読書や感想書きなどが混然一体となる非常に微妙なゴールデンウイークであった。といっても明日からもそれほど状況が変わるわけではないけれど。

 大阪圭吉自筆資料集成

 本日の読了本は盛林堂ミステリアス文庫から出た『大阪圭吉自筆資料集成』。
 『大阪圭吉 単行本未収録作品集』を刊行中の盛林堂・小野純一氏が、大阪圭吉の御子息が保存していた自筆資料をまとめた一冊である。自筆資料はすべて写真、しかもオールカラーで収録しており、それだけでページ数は256ページにも及ぶ。ネットで誰かが“大阪圭吉版の『奇譚』(乱歩の自筆ノートをまとめたもの)”と書いていたが、まさに正鵠を得た表現だ。
 これだけでも探偵小説の研究者らにはありがたいだろうが、さらに解説などが70ページ余つく親切仕様なのも嬉しい。管理人も書誌的なところはさっぱりなので、この解説も非常に価値のある部分である。
 ともかく戦前探偵小説のファンは必携。資料としても実に貴重な一冊。盛林堂さんの通販サイト「書肆盛林堂」ではまだ在庫があるようなので、気になった人はぜひ今のうちに。
関連記事

Comments

Edit

めとろんさん

>彼がながらえていたら、戦後の本格は、一体どうなっていたのか…一抹の寂寥とともに、頁をめくりました。

そうですね。大阪圭吉は嘘みたいに再評価が進んで、ずいぶん読めるようになったのは本当にありがたいかぎりなのですが、ただ、復刻されるものを読むたび、結局、本格ではなかなか売れなかった大阪がいろいろと模索していたことを実感できて、なんとも言えない気持ちになります。長生きして、戦後の正史らの本格の流れにぜひ乗ってほしかった。

Posted at 20:37 on 05 11, 2020  by sugata

Edit

私も購入しました♪

sugataさま、私も購入しました♪

大阪圭吉さんの作品、大好きなもので。この貴重な一書、彼の家族との写真にグッときました。
彼がながらえていたら、戦後の本格は、一体どうなっていたのか…一抹の寂寥とともに、頁をめくりました。
また、来させて頂きます。

Posted at 20:04 on 05 11, 2020  by めとろん

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー