fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

大下宇陀児『金貨を咥えた女』(湘南探偵倶楽部)

 今週は公私共々いろいろあって、あまり読書が進まず。例によって湘南探偵倶楽部さんが復刻した短編の小冊子で御茶を濁す。ものは大下宇陀児の『金貨を咥えた女』。

 金貨を咥えた女

 菱山徳三は神田のビリヤード場の二階に事務所兼住居を構える売れない私立探偵だ。といっても依頼を受けて調査をするばかりではなく、そこで知った事実をネタに強請りなどもやってしまう、最低の男である。
 そんな菱山が街を歩いていると、突然、派手な格好をした若い女性に呼び止められた。彼女は菱山が自分を捨てた岡村だといって責めたて、菱山が人違いだといっても聞き入れようとしない。菱山はついに面倒になり、逆に彼女の話に乗ってやることにして、二人で待合へしけこむことにしたのだが……。

 狐と狸ならぬ、悪女とヤクザ者の化かしあい。女の狙いが実は菱山の事務所の壁に隠された金貨であり、二人の対決の行方が最初の見ものである。そして、その対決は一応ひとつの決着を見るものの、勝利者となったほうも実は……というわけで、ラストにもうひと捻りあるのは予想どおり。
 とはいえ金貨を軸にした後半の組み立てはなかなか巧妙で、皮肉の利いたオチも悪くない。初出時の原題は「黄金魔」だったようだが、このタイトルに変えたのも、そういう意味で正解だろう(ネタバレ気味だけど)。
関連記事

Comments

Body
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー