fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

ジョルジュ・シムノン『医師殺害事件』(湘南探偵倶楽部)

 仕事が立て込んでいて読書がなかなか進まず。そんなわけで本日も湘南探偵倶楽部さん復刻の小冊子(短編)でお茶を濁す。ものはジョルジュ・シムノンの『医師殺害事件』。かつて『新青年』に掲載されたものだ。

 医師殺害事件

 本作は安楽椅子探偵ジョゼフ・ルボルニュ(本書ではジョゼフ・ルボルニエ)シリーズの一作で、創元推理文庫からはルボルニュものの短編集『13の秘密』が出ているので、ご存知の方も多いと思う。ちなみに同書はメグレものの「第一号水門」を併録しており、現在の正式タイトルは『13の秘密 第一号水門』である。

 ジョゼフ・ルボルニュ・シリーズは、シムノンにしては珍しいパズル性重視の本格ミステリである。というか、原書では図版やら写真やらも合わせて載っていたらしく、パズル性重視どころか、本当に推理クイズとしての趣向だったらしい(このあたりの情報は瀬名秀明氏が詳しい紹介をこちらにアップしている)。
 管理人も四十年ぐらい前に創元推理文庫で読んではいるが内容はほぼ忘れているので、シムノンがこういうものも書いていたのかと、今さらながら驚いている次第である。

 内容としては、密室で銃殺されたと思われる医師の死体が発見されるのだが、犯人はおろか凶器すら見つからないという難事件。蓋を開ければ、まあ、こんなものかという感じなのも推理クイズ的なところだが、犯人の心情を慮る最後はやはりシムノンの味わいである。

 ちなみに本作は『13の秘密』に収録されている「クロワ・ルウスの一軒家」と同じ作品である(ただ、手元に『13の秘密』がなく、確認は取れていないので、もしかしたら間違っているかもしれない。念のため)。
関連記事

Comments
 
SIGERUさん

ご無沙汰しております。そして早々にご確認いただきまして、どうもありがとうございました。
『13の秘密』は実家かトランクルームのどちらかに眠っているはずなのですが、如何せん確かめるのが手間すぎて……。同じ作品だったようでホッとしております。

ちなみに『アルザスの宿』は残念でしたね。創元推理文庫のシムノンの中でも今では入手最難関の一冊ですし、内容もなかなか良いらしいです。
 
sugataさん、ご無沙汰しています。ひさしぶりにネット界隈に戻ってきました。この作品ですが、念のため『13の秘密』をいま参照しました。『クロワ=ルウスの一軒家』で間違いありません。さすがの記憶力ですね!
実家をたたんだ際、『13の秘密』は愛着が強かったのでサルベージしました。父と私の蔵書が膨大すぎて、大量のミステリ本も廃棄せざるを得なかったのですが、いま思えば、父の蔵書だったシムノン『アルザスの宿』などは勿体なかったなあと後悔しきりです。

Body
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー