FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 いわゆる実験小説という呼び方があって、「フランスの小説家ゾラの唱えた自然主義小説の方法論」を指すこともあるけれど、一般的には「前衛的な手法を用い、文学の可能性を実験的に追求しようとする小説」という意味合いの方が知られているだろう。
 小説ではもちろんテーマや物語性も重要だが、芸術のひとつとして考えるなら、その表現方法も同じように重要であるはずだ。そんな表現についての可能性を追求した実験小説は、具体的にいうと文章に何らかの制限を設けるとか、セオリーを無視するとか、お話として面白いかどうかはともかく、その試みは実にスリリングである。
 実際、どんな作品があるかは、木原善彦『実験する小説たち 物語るとは別の仕方で』に詳しいが、日本では筒井康隆が『虚航船団』や『残像に口紅を』をはじめとしていくつもそういう作品を書いており、代表格といえるだろう。
 ではミステリではどうかというと、そもそもミステリの目的自体が「謎を論理的に解明する」ことである以上、実験小説とは相性がよくない。すぐに思いつくところでは、やはりクリスティの『アクロイド殺し』。ミステリの定型を壊した点において一種の実験小説といってよいだろう。ミステリとはちょっと違うがD・E・ウェストレイク『さらば、シェヘラザード』もそのひとつ。我が国では意外にチャレンジャーが多く、浅暮三文の文字どおり『実験小説 ぬ』とか森博嗣『実験的経験 Experimental experience』、折原一『倒錯の帰結』あたりが知られているか。

 これらの実験小説で、個人的に特に重要だと考えるのはその独自性である。やはり、そのアイデアを最初に考えて試みた人間こそ評価されて然るべきで、先人が考えたものをアレンジしてよりよく仕上げる作品も別に悪いとはいわないが、本家を超えることはできない。

 本日の読了本はそんな実験ミステリ小説の中でもとびきりの一作。泡坂妻夫の『しあわせの書』である。
 有名な作品だし、管理人も二十年ぶりぐらいの再読で今更という感じはするが、泡坂作品読破計画も進めている最中なので、久々に手にとってみた次第。

 しあわせの書

 こんな話。二代目教祖の継承問題で揺れる宗教団体の惟霊(いれい)講会。高い霊力で知られた現教祖の桂葉華聖(かつらばかせい)もすでに八十を越え、その後を二人の候補者が争う形となっていた。
 そんな頃、恐山の地蔵祭を訪れたヨガと奇術の達人ヨギ ガンジーとその弟子の不動丸、美保子の三人。イタコの真似事をしてテレビ取材まで受けてしまうガンジーだったが、その場面を見ていた男性から、失踪した妹の行方を占ってほしいと頼まれる。その妹が入信していたのが惟霊講会だったことから、いつしか三人は教祖の継承問題に巻き込まれ……。

 短編集と長編の違いはあるが、本作も基本的なスタイルは『ヨギ ガンジーの妖術』を踏襲するイメージ。提出される謎は奇跡や超常現象のトリックであり、物語もそれらが自然に溶け込みやすい怪しげな宗教団体を舞台にする。シリアスとユーモアもいい案配に配合され、ストーリーもコンパクトにまとまっていて悪くない。
 特に後半、断食からラストの謎解きへの流れは秀逸で意外性もあり、「仕掛け」ばかりが注目される本作だが、それがなかったとしても十分楽しめる本格ミステリといえるだろう。

 まあ、そうはいってもやはり最大のポイントが「しあわせの書」であることは間違いない。
 「しあわせの書」は作中でも登場するのだが、その使い方が見事だ。読唇術のネタとして利用するだけでなく、後半のヤマ場となる断食の行にも使われていることに感心。そして、最後にあの大トリックである。泡坂作品ではすべての描写が伏線というぐらい無駄がないけれども、本作などはその最たるものだろう。
 
 『喜劇悲奇劇』、『生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術』と並ぶ泡坂三大実験小説。ミステリファンでなくとも読んでおいて損はない。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





ポール・ブリッツさん

おお、それはすごい! 確かにアルファベットよりは繁体字みたいなほうが何とかなりそうですね。これは見てみたい。
【2020/09/29 23:18】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

ウィキペディアで調べたら、この本、台湾で中国語訳バージョンが出てるそうですな。

やれたとしてどこまでやってるのか。見たいような見たくないような(笑)
【2020/09/29 19:12】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]

(ネタバレあり)


くさのまさん

ぶっちゃけ7、8ページ程度の解説だったら、そんなに難しくはないですよね。実際に解説ページを相手に選ばれて失敗した人、いそうな気もします(笑)。

> あと、昔ネットで(2ちゃんねるだったかな?)この本の仕掛けについて、"食べられなかった"と書いていたのは死ぬほど笑いました。そっちは無理だろ❗

おお、それだったら本当にすごいですね。このご時世ですから、非常食として常備しておきたい。
【2020/09/27 20:57】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

  (ネタバレしています)
 自分がこの仕掛けに気付いたのは本当に最後の方、"恭しいとかうやうやしいとか~"(たしかこんな感じ)の辺りで、一頁一頁確認してびっくりした記憶があります。
 雑誌『ミステリーズ!』で、泡坂先生の追悼特集があった時に、マジシャンのふじいあきらさんが、実際に手品として存在するもので、それ用の本もあるという話をされていた筈ですが、その縛りで本当に一冊のミステリを執筆してしまうのが凄いところです。
 惜しいのは解説で、というか解説が不必要だったと思うのですが、つけるならちゃんと縛りを厳守しないと(←無茶言ってるのは承知)。『喜劇悲喜劇』の解説で"エッセイから解説へ"とやった新保さんならやってくれたかも。
 あと、昔ネットで(2ちゃんねるだったかな?)この本の仕掛けについて、"食べられなかった"と書いていたのは死ぬほど笑いました。そっちは無理だろ❗
 長文失礼致しました。
【2020/09/27 20:37】 URL | くさのま #-[ 編集]

ポール・ブリッツさん

異論は認めます……と言いたいところですが、それは小説じゃないので(笑)。
【2020/09/27 18:06】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

予備知識なしで読んでまさに腰を抜かしました。泡坂妻夫自身が「やりたかった『仕掛本』をついに完成した」と、ミステリエッセイ「魔術館の一夜」で語っていたはずですが、まさにその名に恥じない「仕掛本」だと思います。

泡坂妻夫の実験本3冊を選ぶなら、「喜劇悲喜劇」よりは、厚川昌男名義の「ボクは手品師」(原案だけど)を入れるべきじゃないかなあ(笑)
【2020/09/27 17:24】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]

ハヤシさん

確かに海外の人にもこの驚きは知ってほしいですね。多分翻訳するよりは、一から書いた方が早い気はしますが。
【2020/09/27 12:10】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

最初に予備知識無しで新刊で読んだ(体験した?)時は本当に吃驚しました。リアルタイムで『アクロイド』を読んだ人の気持ちが分かるような気がします(笑)願わくば翻訳して欧米のマニアにも知って欲しいですが、絶対不可能ですね
【2020/09/26 23:23】 URL | ハヤシ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.