fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

kazuou『夢と眠りの物語ブックガイド』

 『夢と眠りの物語ブックガイド』を読む。題名どおり夢や眠りをテーマとした物語を紹介したブックガイドである。
 著者は『奇妙な世界の片隅で』という幻想小説系の読書ブログを運営しているkazuou氏。著名なブログだからご存知の方も多いと思うが、当サイトも絶賛相互リンク中である。

 夢と眠りの物語ブックガイド

 以前、『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』の記事をアップしたときにも少し触れたのだけれど、そのkazuou氏は「怪奇幻想読書倶楽部」というオフ会も主催しており(今はコロナで休止中のようだが)、実は管理人もスタート早々の頃に何度かおじゃましたことがある。そこで驚いたのがkazuou氏の準備である。ご自身が主催者だから、資料もある程度は用意しなければという使命感やサービス精神もあるのだろうが、毎回毎回きっちりしたレジュメを作ってくるのには感心した。
 たとえば今回のテーマは●●だとすると、その●●関連書リストを数ページにわたって作ってくる。そのときに思ったのは、サービス精神もさることながら、こういうリストを作ったりするのが根っから好きなんだろうなぁということ。
 まあ、読書好きは結構こういう人が多いような気がする。とりわけミステリやSF、幻想小説系の方々には。
 実は管理人自身も統計を取ったり、作家の著書リストを作ったりするのが好きで、データベースソフトでまとめた資料をiPhoneに入れて持ち歩き、古書を買うときなどにチェックしたりする。海外ミステリを中心にした著書データは8万件ほど入力済みで、たいがいの海外ミステリ作家の著作リストは、いつでもその場で見られるようになっているのがちょっと自慢だ(笑)。

 それはともかく、そういうタイプの人が作ったブックガイドだから、もちろん期待を裏切らない。夢テーマに興味があるというだけでなく幻想小説好きの読書家は、とりあえず買っておいて損はない。奇をてらわない非常にシンプルな作りだが、小説のみならずマンガや映像などもフォローしているし、すべての作品にコメントがついている。パラパラと好きなところを開いて読むだけでも大変楽しい。
 しいていえば小説、マンガ、映像の区別なく掲載されているので、せめて目次でジャンルがわかるとよかったかも。
 ともあれkazuou氏の人柄も感じられるような一冊。今後も続々と企画を練っているようなので、がんばっていただきたいものである。
関連記事

Comments

Body
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー