FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 陳浩基の『網内人』を読む。著者は2014年の『13・67』で大ブレイクを果たし、これがあまりにも素晴らしい小説だったので、どうしても期待が高くなってしまうけれど、まずはその期待を裏切らない出来であった。

 まずはストーリー。
 図書館に勤めるアイは、相次ぐ不幸によって家族や財産のほとんどを失い、今は中学生の妹シウマンとの二人暮らしである。シウマンの健やかな成長こそがアイの願いであったが、シウマンは電車での痴漢事件をきっかけにインターネットでの炎上に晒され、悩んだ末に自殺してしまう。
 アイはシウマンの自殺が信じられなかったが、警察はこれ以上動く様子もない。シウマンの仇を取りたいアイは莫探偵事務所に調査を依頼するが、インターネット上の調査には限界があり、手がかりが途絶えてしまう。落ち込むアイに、莫探偵は、この手の調査を得意とする凄腕のプロフェッショナルがいると教えてくれる。その男の名は「アニエ」といった……。

 網内人

 まだ記憶に新しいところだが、昨年、恋愛リアリティー番組に出演していた女性が自殺するという事件があった。テレビの責任はもちろんだが、それと同じくらい、いやそれ以上にインターネットにおけるSNSのあり方や倫理観も大きく問われる事件でもあった。
 本作は2017年の刊行だが、扱うテーマはまさにそれを連想させるものであり、インターネットの闇や負の面を実に考えさせる一作となっている。探偵役のアニエもまたハッキングを駆使して真相を突き止めていくのだが、それもまたIT技術が現代最強のアイテムであることを表すと同時に、恐ろしい武器になりうることも示している。素人には難しい説明も少なくないが、本作ではそういったインターネットのシステムを徹底的に解説し、ディテールをパーフェクトにすることで、より説得力を持たせているのだ。
 とはいえ本当に怖いのはインターネットのシステムなどではない。事件の根底にあるのは人の悪意である。本当に怖いのはネットではなく人の心なのだ。
 テクノロジーをテーマとする小説は、ITだろうがバイオだろうが原子力だろうが、結局は使う側=人間の問題なのである。特に本作では、物語のラストで謎解きならぬ復讐の総仕上げの場面がかなり長めに描かれる。ここでアニエはアイに対し、“復讐の連鎖”、それこそ科学ではなかなか解答の見いだせない命題を突きつける。悩んだ末にヒロイン・アイの出す決断が読みどころといえよう。
 その意味で、本作は表面的には新しく見える小説ではあるものの、その中身は意外にオーソドックスなサスペンスといってよいだろう。

 といっても、それだけではやはり傑作というには難しい。本作は扱う素材やテーマだけではなく、もちろんミステリとして面白いのである。
 まずはアニエという探偵役。ハッキングだけでなく、探偵や詐欺師としてのテクニックも同様にレベルが高く、さらには人を絡めとる交渉術、全体を見渡し、ミッションを構築する戦略にも長けている。この最後の部分はそこらの名探偵にはあまり見られない特徴で、その最たる部分がサイドストーリーに顕著だ。
 本作ではアイとアニエを中心としたメインストーリーとは別に、事件の関係者の一人をピックアップしたサイドストーリーも展開される。そのサイドストーリーがどういうふうにメインストーリーと合流するのか、ある程度の予想はつくものの、著者の仕掛けは読者の一つ上をゆくものである。普通だったら「取ってつけたような」感じもするのだが、単なるどんでん返しに終わらず全体の様相をも反転させるものだから、これには驚いてしまった。

 もう一度書いておくと、本作は意外にオーソドックスなサスペンスといってよい。それを徹底的なこだわり、完成度の高さによって傑作レベルに高めたという印象である。内容やテーマからすると、もう少しボリュームは絞ったほうがよかったが、後味も最初予想していた以上によく、広くおすすめできる一作である。

関連記事

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





ポール・ブリッツさん

ポオはユーモア小説やパロディも意外に書いているので、そういうのが怪奇小説や観念的な小説とまじると、もう中坊の頭では整理がつかなくなってくるんですよね。
久々にポオも再読してみたい気持ちになってきました。

「Xだらけの社説」、懐かしいですね。あれも当時はいまひとつ面白さがわからない作品でした。
【2021/01/20 21:17】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

>Twitter

わたしは東京創元社でも、ハードカバーの「ポオ全集」のほうでした。中学二年の冬休みに図書室からあの重いのを三冊抱えて家に帰って即日玉砕(笑)

でも好きですよ、「×だらけの社説」(笑)。
【2021/01/20 20:29】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 探偵小説三昧, All rights reserved.