FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 ポール・アルテの『殺人七不思議』を読む。版元を行舟文化に移しての三冊目で、美術評論家のオーウェン・バーンズ・シリーズの一冊である。
 ちなみに過去、行舟文化から出たアルテのオーウェン・バーンズものは、一冊目がシリーズ四作目の『あやかしの裏通り』で2005年の作、二冊目『金時計』はシリーズ七作目で2019年の作、そして三冊目の本作はシリーズ二作目で1997年の作となっている。
 見事なまでにランダムだが、これは何か理由があるのだろうか。こういう場合、普通はファンを獲得できるよう面白いものから出していることが多いのだけれど、ここまでランダムなのも逆に珍しい。アルテを復活させてくれたのはありがたいが、欲を言えば発表順で全作を読みたいものである。

 それはともかく。まずは本作のストーリーから紹介してみよう。
 世間を騒がせる不可能犯罪が立て続けに発生した。ひとつは誰もが侵入した形跡のない灯台で、灯台守の男が焼死した事件。もうひとつは友人たちとアーチェリーの練習中に、誰もいないはずの草地で矢を撃たれて死んだ男の事件である。どちらの事件にも犯行を予告する油絵が警察へ届いていたため、二つの事件の犯人は同一人物だと思われた。
 やがて三つ目の事件が発生するに及び、ロンドン警視庁のウェデキンド警部がオーウェン・バーンズに助力を申し出る。バーンズはこれらの殺人が、美を追求する者の仕業ではないかと考えるが、そこへ一連の事件の犯人を知っているという男が現れた……。

 殺人七不思議

 『金時計』が相当ぶっ飛んだ一作だったけれど、本作『殺人七不思議』もかなりの異色作。そもそもタイトルからしてけっこう地雷臭を感じさせるだけに、読む前はちょっと警戒していたのだ。しかし、いざ読み始めると不可能犯罪のオンパレードであり、“殺人七不思議”という胡散臭いフレーズも、文字どおり“世界七不思議”をなぞったものであることがわかり、これはアルテ先生大きく出たぞと嬉しくなり、一気に引き込まれる。
 ところがそれも束の間。世間を驚愕させるほどの予告殺人+見立て殺人+不可能犯罪+連続殺人というスペシャルな事件なのに、物語の広がりがまったくなく、ある一家の恋愛にまつわるトラブルに収束してゆく。加えて七つの不可能犯罪の謎解きもまるで推理クイズのように片付けられ、しかもそのトリックも無理やりだったり、イージーすぎる始末。とにかく拍子抜けの感が強い。

 ラストの犯人像や事件全体の構図についても、狙い自体は実はかなり面白いと思うのだが。もったいないことに著者はこれらに対しても深堀りするわけではない。
 とにかくすべてをさらっと流し過ぎなのだろう。さまざまな要素があり、多くの可能性を秘めているはずの作品なのに、どの要素にも注力がされておらず、終わってみればなんだか梗概を読まされている感じの一冊だった。次作での挽回に期待したい。

関連記事

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





くさのまさん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。
最近は年のせいか長い作品は疲れるので、フランスミステリぐらいがちょうどいいのですが、さすがに本書はもう少し頑張れよと言いたくなりました(笑)。推理クイズ本以外で、あんな謎解きシーンを読んだのは初めてです(苦笑)。
まあ、7つの不可能犯罪の優れたトリックを一作にまとめてぶち込むのはさすがに効率が悪いでしょうし、7つの謎解きをまともにやってはページ数がえらいことになりますから、まあ、多少は端折ってもいいのですが、もっとやり方があるだろうと。

また、主人公と犯人の対立構造、特殊な犯人像と動機が、実は本作の隠れた主題であったと思うのですが、個人的にはこちらの方を掘り下げてくれれば、大傑作になった可能性もあったと考えます。意欲作なんでしょうが、とにかく、いろいろと残念な一作でありますね。
【2021/01/23 22:24】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

 今年もよろしくお願い致します。勿論毎回楽しく拝読しております。
 で、ピエール・ボアローの『殺人者なき六つの殺人』を思い出しました。こちらも、立て続けに六つの不可能犯罪が起きて、全て解決されるのですが、ただそれだけ、という印象(まぁ全て解決されるだけでも凄いのですが。アルテは「あの伝説は作り話だった❗」って必殺技があるから…)。やっぱりフランスミステリだけあって薄いですし。
 そういう良くないところは、自国の先輩だからって真似しなくても良いのにって思いますねぇ。
 それとも出版社との間に、長さはここまでみたいな決まり事でもあるのでしょうか?
【2021/01/23 21:59】 URL | くさのま #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 探偵小説三昧, All rights reserved.