FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 ケン・リュウの短篇集『生まれ変わり』を読む。最近、文庫落ちし、三月には新作短篇集も出る予定らしいので、そろそろ消化しておかねば、ということで。
 まずは収録作。

The Reborn「生まれ変わり」
The Caretaker「介護士」
Running Shoes「ランニング・シューズ」
The MSG Golem「化学調味料ゴーレム」
Homo floresiensis「ホモ・フローレシエンシス」
The Visit「訪問者」
The Plague「悪疫」
A Brief and Inaccurate but True Account of the Origin of Living Books「生きている本の起源に関する、短くて不確かだが本当の話」
The People of Pele「ペレの住民」
Dispatches from the Cradle: The Hermit-Forty-Eight Hours in the Sea of Massachusetts「揺り籠からの特報:隠遁者──マサチューセッツ海での四十八時間」
Seven Birthdays「七度の誕生日」
The Countable「数えられるもの」
Carthaginian Rose「カルタゴの薔薇」
The Gods Will Not Be Chained「神々は鎖に繋がれてはいない」
The Gods Will Not Be Slain「神々は殺されはしない」
The Gods Have Not Died In Vain「神々は犬死にはしない」
Echoes in the Dark「闇に響くこだま」
Ghost Days「ゴースト・デイズ」
The Hidden Girl「隠娘(いんじょう)」
Byzantine Empathy「ビザンチン・エンパシー」

 生まれ変わり

 いやあ、凄い。相変わらずの面白さである。
 ケン・リュウの日本での短篇集は本書で三冊目となるのだが、そのすべてが面白いとはどういうことか。なんせ日本での短篇集は本国のオリジナルではなく、日本で独自に編纂されているものばかり。まあ普通なら面白いものを優先するだろうし、二冊目、三冊目の出来はだんだん落ちてくるだろうと思うではないか。
 ところが、まったくそんなことはない。レベルが落ちるどころか、ますます面白くなってくる。語りだけでなく、何より発想が求められるSFというジャンルにおいて、このレベルで安定して作品を発表できることに恐れ入るばかりだ。

 内容も非常にバラエティに富んでいる。第一短篇集の『紙の動物園』こそ、ノスタルジーを強く感じさせるものや東洋的な風味の作品が目立ったが、続く『母の記憶に』、そして本書では、ハードなSFやコミカルなものまで、さらにアイデアに富み、幅が広くなっている印象だ。
 ただ、そんな多彩な作品群でありながら、著者のテーマは意外と絞られており、しかもオーソドックスに思える。
 それはマイノリティとして生きることの意味。さらには人間が科学や未来に対してどう折り合いをつけていくかという問題である。それらはSFや純文学における普遍的なテーマといってもよいのだが、著者は新しい衣を着せることで実に面白い物語に仕上げているのである。

 特に気に入った作品としては、まず表題作の「生まれ変わり」。地球にやってきた異星人の管理のもと、地球人は記憶を改変され、“生まれ変わり”として暮らしているが、その失われた記憶の存在に気づいた主人公は……という展開がSFとしてはもちろんだが、ハードボイルドな雰囲気も悪くない。
 続く「介護士」もいい、未来のロボット介護の様子を描きつつ、介護問題に収まらないところが鮮やか。ワンアイディアの勝負ではあるが見事にやられた。
 「ランニング・シューズ」は抒情派。ベトナムの靴工場で働く少女が、なんとスニーカーに憑依するという設定で、少女の儚くも美しい生涯が数ページで語られる。切ない。
 「化学調味料ゴーレム」は一転してジュヴナイル風味のユーモラスな一編。恒星間航行を続ける宇宙船の中で現れた神様は、一人の少女にある任務を与える。それはゴーレムを使ってネズミを捕まえるというものだった。神様と少女の掛け合いがとにかく楽しい。

 ううむ、お気に入りを三、四作セレクトしようとしたら、頭から続けて四作紹介してしまった(苦笑)。まあ、それぐらいレベルが高いということなので、もし気になる方はとりあえず最初の「生まれ変わり」だけでも読んでみて、気に入ったら迷わず買うべきであろう。
 ちなみに文庫版は『生まれ変わり』、『神々は繋がれてはいない』の二分冊なので念のため。

関連記事

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 探偵小説三昧, All rights reserved.