fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

泡坂妻夫『亜智一郎の恐慌』(双葉社)

 泡坂妻夫の『亜智一郎の恐慌』を読む。ご存知、亜愛一郎シリーズの番外編みたいなもので、愛一郎のご先祖である亜智一郎を主人公にした短編集だ。
 といってもそれほど関連性があるわけではなく、時代やキャラクター設定、雰囲気に至るまでけっこうな違いがある。したがって亜愛一郎シリーズを期待しすぎると当てが外れる可能性がないこともないけれど、これはこれで面白い読み物だった。
 収録作は以下のとおり。

「雲見番拝命」
「補陀落往生」※」目次では「補陀楽往生」となっているが、これは目次の方が間違いか。
「地震時計」
「女方の胸」
「ばら印籠」
「薩摩の尼僧」
「大奥の曝頭」

 亜智一郎の恐慌

 何より設定がいい。
 時は黒船が来航し、日本が大きなうねりに晒されていこうとする嘉永の頃。
 幕府の雲見番として、番頭の亜智一郎をはじめとする四人の男が任命される。雲見番とは日々、雲見櫓に登って雲を観察し、その様子から天変を予測して有事に備えるという職務。今でいう気象予報士といったところか。
 しかし、なんせ毎日、空ばかり見上げている仕事。表向きには閑職と見られているが、その実態は、将軍直結の隠密として動く精鋭部隊なのである。
 本当の職位を知られることは許されず、四人がそれぞれの特技を活かして密かに働くのが魅力で、いってみれば幕府版のスパイ小説。そりゃあつまらないわけがない。

 推理要素は亜愛一郎シリーズに比べると薄味で、それが惜しいところではあるが、史実を生かした物語としての面白さやチームプレイの活劇的な面白さでは勝っており、こういうところもスパイ小説的だ。その意味では推理要素が強い作品はもちろんだが、史実にうまく絡めた作品が楽しく読めた。
 極楽往生で評判の僧侶と藩の悪事を結びつける「補陀落往生」、地震を予測する〈地震時計〉と遊女の心中事件がつながる「地震時計」、将軍家定の世継ぎを探す「女方の胸」、幽霊騒ぎの謎を探るため女装して大奥へ潜入する「大奥の曝頭」あたりが個人的な好み。

 ちなみに亜智一郎シリーズは本書が刊行された後も七作書かれており、これらは創元推理文庫の『泡坂妻夫引退公演』に収録されている。いつになるかわからないが、こちらも宿題である。

関連記事

Comments
 
ポール・ブリッツさん

あ、わざわざご対応いただいたのですね。
ありがとうございました。
 
失礼しました……。
 
ポール・ブリッツさん

まさにアイデアの玉手箱のような方ではありました。私の場合はまだまだ未読も残っているので、お楽しみもそう簡単には終わりそうにありません。ありがたいことです。

あと、ラストの「死に神」云々はさすがに不謹慎ですので、以後、お気をつけくださいませ。
 
年齢的にも業績的にも大往生ですけど、

「なんでそんなおいしいネタを墓場にもってっちゃったんですか先生!」

って思いの方が強い人でしたねえ……。

Body
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー