fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


戸川安宣『ぼくのミステリ・コンパス』(亀鳴屋)

 戸川安宣の『ぼくのミステリ・コンパス』を読む。東京創元社の編集者として活躍した戸川氏が、1978年から1992年にかけて朝日新聞に連載したミステリコラムをまとめた一冊。

 ぼくのミステリ・コンパス

 かつて国書刊行会からも戸川氏の『ぼくのミステリ・クロニクル』が刊行されたが、あちらは業界の裏方としての活躍、いわば黒子としての業績をまとめたものだったが、かたや本書では新聞に連載された書評などが中心で、表舞台の業績をまとめたものといえるだろう(とはいえ当時は匿名だったはずだが)。

 ただ、そうは言っても全国紙に掲載された、こぢんまりとしたコラムである。比較的マイルドな、悪くいえばあたりさわりのない書評だろうと思って読み始めたのだが、これがいい意味で裏切られた。新人作家はもちろんベテラン作家に対してもけっこう辛い評価をするし、翻訳や出版社の企画、新人賞などにもなかなか注文が厳しい。ときには『推理文学』や『幻影城』といった、おそらくほとんどの朝日読者が知らないであろうマイナーなミステリ雑誌の廃刊まで紹介するし、想像以上に好き勝手に書いている印象である。
 そんなミステリマニアが喜びそうな記事のある一方で、取り上げるミステリは本格から通俗もの、冒険ものと非常に幅広く、決してマニアばかり相手にしているわけでないのもよい。ちょっと驚いたのがフレデリック・フォーサイス『悪魔の選択』を採り上げていたこと。当時はすでに推しも押されぬベストセラー作家だったはずで、角川書店の新聞広告のデカさなどは今でも覚えている。それぐらい超メジャーになったしまったため、むしろミステリマニアが喜んで読むような作家ではなくなったと思うのだが、そういう作家も全国紙という媒体である以上しっかりと紹介するのがいいのである。そういう意味でも、採り上げられる本はマイナーメジャー共に、実に興味深い。

 ちなみに、以前『マンドレークの声 杉みき子のミステリ世界』の感想でも紹介したが、本書は金沢の小さな出版社である亀鳴屋から刊行されている。こちらの版元は編集も素晴らしいけれど、製本がまた輪をかけて素晴らしい。本書も装丁といい質感といいサイズといい実にしっくりくる。本好きなら絶対好きになる版元なので、気になる方は定期的にこちらをチェックしてみるとよろしいかと。

 なお、ナンバーは 279 of 613でした。
関連記事

Comments

« »

03 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー