fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

リチャード・オスマン『木曜殺人クラブ 二度死んだ男』(ハヤカワミステリ)

 リチャード・オスマンの『木曜殺人クラブ 二度死んだ男』を読む。イギリスの地方都市にある高級老後施設クーパーズ・チェイス。そこで暮らす四人の男女によって運営されているのが「木曜殺人クラブ」だ。彼らは毎週木曜に集まり、未解決事件のファイルをネタに真相究明に励んでいるのだが、時には本物の事件に遭遇することもあり……というのが本シリーズの基本形。
 シリーズ第一作の『木曜殺人クラブ』は非常に楽しい物語だったが、さてシリーズ二作目の本書はどうか。

 木曜殺人クラブのリーダー格エリザベスが、死んだと思われていた英国の元諜報員ダグラスから連絡を受け取った。エリザベスとの因縁浅からぬダグラスは、マフィアの持つ二千万ポンド相当のダイヤモンドを盗まれたと疑われており、マフィアにも命を狙われている。しばらくの間、助けてほしいというダグラスの頼みだったが、彼の居場所はあっという間に突き止められ……。

 木曜殺人クラブ二度死んだ男

 いやあ、これは素晴らしい。一作目も十分面白かった。十分に面白かったのだけれど、本作はそれをあっさり越えてきている。前作ではプロットが複雑で少々ゴタゴタしているところがあったり、謎解きのカタルシスが弱かったりと、多少は不満もあったのだけれど、そういった欠点が解消されると同時に、キャラクター造形の巧さや会話の面白さがさらに際立っており、正直、不満らしい不満がほとんどない。

 前作はシリーズ一作目ということもあり、そもそもシリーズになるかどうかも不確かなところがあるわけで、主要キャラクターが主要キャラクターかどうかすらも読者にはわからない。当然ながらサスペンスや犯人当てといった点ではそれが有利に働くという強みがあった。
 しかし、これが二作目になると主要キャラクターが明確になることで、少なくともサスペンスなどの点では大きくハードルが上がってくる。おまけにこのシリーズは主要キャラクターだけでも七名はおり(しかも全員が探偵役として動く)、下手をすれば探偵役より容疑者役の方が数が少なかったりするわけで、その状況で本格ミステリ的な趣向は相当に難しいはずだ。ところが著者はこのハードルを易々と超えてしまったのである。
 成功の理由は、綿密なプロットによるところが大きいだろう。メインとなるダグラス絡みの事件を軸に、木曜殺人クラブのイブラヒムが暴行された事件、地元のコカイン密売人の事件を絡ませ、さらには主要キャラクターのロマンスといったサイドストーリーまでもいくつかトッピングする。しかもそれらが相互に関係性をもち、無駄な要素が一切ない。前作では多少バタバタしたところもあったけれど、本作では各事件の重さにメリハリをつけて、それらの関係性をかなりわかりやすくしている。この点こそが大きく変わった点ではないだろうか。少なくとも本作だけみれば、著者のプロット作りの手際は尋常ではない。

 前作と同じように楽しめるのは、やはりキャラクターの魅力であろう。しかも会話の面白さはさらに磨きがかかっている。そもそも主要キャラクターは七名ほどいるのだが、その他のレギュラーも何名かいるわけで、この大人数をしっかりキャラ立ちさせ、かつ各人に見せ場を作る。七名もいるから、その時々で組み合わせを作って小チームで行動したり、ときには全員でミーティングしたり、その一つひとつの場面がすべて楽しい。

 ただ、あまりに本作が面白いので、ついつい忘れがちになるのだが、本作の舞台は老人ホームであり、主人公は老人である。本作の根底には「老い」というテーマが常に流れているのだ。
 復讐を誓う犯罪者が刑務所から出る頃には自分は死んでいるから問題ない、ペットを飼うと最後まで面倒を看れれない、外出が怖いなどなど、歳を取ることの悲哀を遠慮なく(ただしユーモラスに)教えてくれる。しかし、だからといって彼や彼女は止まることをせず、むしろ今の人生を謳歌し、歳を取ることの喜びもまた教えてくれる。この視点があるからこそ本シリーズは痛快なのだ。

 なお、本国では既に三作目も出版されているとのこと。ああ、早く次作が読みたい。

関連記事

Comments

Body
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー