fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


ハル・クレメント『一千億の針』(創元SF文庫)

 ハル・クレメントの『20億の針』の続編、『一千億の針』を読む。
 地球に飛来したゼリー状の二人の異星人。一人は犯罪者の“ホシ”、もう一人はそれを追う捜査官“捕り手”である。彼らは宿主に寄生しなくては生きることができず、“捕り手”は地球人の少年、バブ・キンネアドに寄生し、バブと協力して“ホシ”を追いつめてゆく、というのが前作のストーリー。
 本作では、“ホシ”を片づけた“捕り手”とバブのその後の姿を描いている。

 一千億の針

 “ホシ”を倒してから七年後。不時着時に宇宙船が壊れ、故郷に帰ることのできなくなった“捕り手”はバブとの共生生活を送っていた。ところが次第にバブの体調が悪化し、“捕り手”の力でも回復が難しく、治療には“捕り手”の母星に連絡をとるしかないという。そこで彼らが思いついたのは、かつて“ホシ”が乗ってきた宇宙船を見つけ出すことだった……。

 本作は前作から三十年近く経ってから書かれた続編だという。著者にいったいどういう思惑があったのかはわからないが、果たしてその必要性があったのかどうか。
 管理人はSFものではないけれども、前作はSFミステリという観点から非常に楽しめる作品だったし、SF的にも異星人との共生テーマの先駆けということで高く評価されていたと思うのだが、本作にはそういったキモとなる部分が弱かったように思う。
 また、前作はあくまでバブと“捕り手”のコンビによる“ホシ”探しがメインストーリーだったけれど、本作ではストーリーの柱は宇宙船探し、しかも協力者が必要だとのことでメインキャラクターが増え、いわゆチームプレーになってしまって、緊張感が薄まってしまったことも挙げられるだろう。バブも活躍というには程遠い始末だ(体調が悪いという理由はあるのだけれど)。

 ただ、魅力的なキャラクターが新たに登場したり、ストーリー自体はいろいろと工夫されているので、読んでいる間、退屈するようなことはない。
 宇宙船探しと並行してバブたちの周囲に不可解な事故が起こり、バブたちの行動が妨害されるという展開も悪くない。もしかすると“ホシ”はまだ誰かに寄生しているのでは、という疑惑がサスペンスを高めてくれるわけだ。
 おまけにラストでは、“捕り手”が名探偵ばりに、皆を集めて「真相」を解明するという演出まで見せてくれる。

 前作ほどのインパクトはない。しかし、ともすればロジカルな部分に比重がかかり過ぎていた前作なので、もしかするとこういうストーリー重視の作品にして、きっちりとシリーズのカタをつけたかったのか。著者が長年の忘れ物をとりに戻った、そういう作品なのかもしれない。

関連記事

Comments

« »

05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー