fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


渡辺啓助『空気男爵』(皆進社)

 皆進社の《仮面・男爵・博士》叢書の第二弾、渡辺啓助の空気男爵』を読む。第一弾の水谷準の『薔薇仮面』もそうだったが、渡辺啓助もベタベタな通俗スリラーを書いていたのかという驚きが最初にくる。この手の読み捨て作品はどうしても市場から消え失せ、後々まで残るのはもっぱら有名な代表作ばかりになりがちだ、ただ、そのために後世になって著者の全貌が掴めず、誤ったイメージや中途半端なイメージだけで語られたりするのはやはり問題である。
 そういえば以前に大阪圭吉でもそんなことを思ったことがある。復刊され始めた頃は知られざる本格作家というイメージが強かった大阪圭吉だが、その後に復刊されたものをいろいろ読んでいると、著者を本格という一面だけで語るのはあまりに乱暴すぎるのではないかということ。大阪圭吉も実はそれぐらいさまざまな作品を描いていたのである。
 《仮面・男爵・博士》叢書はあえて通俗探偵小説を集めているので、正直、内容はそこまでハイレベルではないけれど(苦笑)、著者の代表作には見られない一面を知るという意味でも、非常に意義深いシリーズといえるだろう。

 空気男爵

『空気男爵』
 「第一話 空気男爵と隙間風侯爵」
 「第二話 聖骨筐(せいこつばこ)の秘密」
 「第三話 お嬢様お手をどうぞ」
 「第四話 シャム猫夫人」
 「第五話 女唐手(からて)綺譚」
 「第六話 美女解体」
 「第七話 女空気男爵」
 「第八話 吸血夫人の寝室」
「死相の予言者」
「魔女とアルバイト」
「胴切り師」
「素人でも殺せます」

 収録作は以上。連作短篇集の『空気男爵』とノンシリーズの短篇四作という陣容。
 注目はやはり『空気男爵』だが、これは美女と宝石を秋する和製ルパンもの。といっても空気男爵はほぼ登場せず、なんというか作品の象徴として使われている感じだ。主役は探偵事務所の所長・青木鱗五郎とその助手の香月鮎子の二人で、事件に巻き込まれた彼らが無事に真相を解明するが、その背後に実は空気男爵が暗躍していたのでは、というのが毎度のパターン。これが設定としては面白いところで、しかも明言はされないけれど、実は青木鱗五郎が空気男爵らしく、これは別にネタバレでもなんでもなく、香月鮎子も日々それを疑っているというのがまた面白い趣向である。
 とまあ設定は悪くないけれど、個々の作品については特筆すべきとろはあまりない。事件は起こるが謎解きよりもアクションやサスペンス優先で、大体が事件の方から種明かしをしてくれる。主人公の二人の活躍(特に香月鮎子)を楽しむ方に重点が置かれている。
 ただ、設定が設定なので最終話で空気男爵の正体が明かされるのかと思ったら、普通にシリーズが続いている形なのは残念であった。

 作品の出来でいったら、残る四短篇の方が楽しめるだろう。こちらも本格という体ではないけれども、どれも設定や導入はなかなか魅力的だ。
 たとえば「死相の予言者」では被害者が首なし死体とくれば、「ああ例ののトリックね」と思うところだが、あっさりどちらの可能性も提示して、「さあどっちだ?」とやるのが珍しい。
 「魔女とアルバイト」は水道検査のバイト青年が体験したエロティックな体験。ことが終わって目覚めると、そこには彼女の死体が……絵に描いたような巻き込まれ型サスペンス。解説によると青年の心理がキモらしいが、そこまでの深さはない。
 「胴切り師」は奇術師が復活をかけて挑んだ美女の胴体斬りに絡む悲劇。と書くと、これも先を想像するのは容易いが、その悲劇はちょっと予想外のところに着地する。
 「素人でも殺せます」は本書中のベスト。描き方は通俗スリラーなのだが、テーマ自体は著者お得意の悪女もののバリエーションといってもよい。徹底して合理的でありながら、それでいて非常識としか思えないヒロインが素晴らしすぎる。

 なお、本書が刊行されたのが2022年6月のことで、その後ほぼ一年の間、続刊の音沙汰がないのが心配である。一応、全三巻ということでスタートしているので、せめて完結はしてほしいし、できればもっと続けてほしいものだが。
関連記事

Comments

Edit

anta_dareyanen@deredemonaiさん

おお、それはなかなか貴重な体験と言いますか、単純に羨ましい。
博物館とか図書館、文学館にお勤めの方は、そういう経験が多そうですね。私が勤めていた関係ではもっぱらゲーム絡みの方ばかりでした。それはそれで楽しかったですが(笑)。

Posted at 09:33 on 05 26, 2023  by sugata

Edit

こんばんわ。渡辺啓助は「偽眼のマドンナ」とか短編を幾つか読んだ程度なのですが、仕事がらみで意外な薄い縁があります。お嬢様(画家の渡辺東さんではないです)が我々の世界では著名な現代美術家の奥様で、私が前に勤めていた美術館ではご主人に企画展へ出品していただいたり作品を購入したりしていました。その縁でご夫婦でときどきご来館いただき、館内のカフェで四方山話をしているうちに渡辺啓助のお嬢様ということがわかってびっくりしました。今となっては思い出ですね。

Posted at 00:08 on 05 26, 2023  by anta_dareyanen@deredemonai

« »

09 2023
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー