fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


有本倶子/編『山田風太郎疾風迅雷書簡集』(神戸新聞総合出版センター)

 エミルオンから『コナン・ドイル小説全集第5巻マイカー・クラーク(下)』が届く。案内状に近況などが書かれているが、キャンセルや郵便事故などで大変そうだ。なかには高価すぎるという声もあるらしい。
 ううむ、不満を持っている購入者は何を考えているのやら。本シリーズは予約のみのたった120部しか刷っていないため、もともと利益など出るはずもない。単純計算でわかると思うが配布分の110部が完売したとしても、定価3100円×110部で35万円弱にしかならないのだ。もちろん訳者の印税など出るはずもなく、関係者の強い志だけでやっているようなものである。貴重なドイルの小説全集が出るだけでもありがたいのに、このうえ何を求めようというのか? 定価が高くて嫌なら最初から注文しなければいいわけで、勝手にキャンセルしてこのシリーズが途中で立ちゆかなくなったら、どうしてくれる。制作者たちが苦労して作った貴重な本にたかだか3千円も出せない輩は、一生図書館で本を読んでいればよい。

 読了本は有本倶子/編『山田風太郎疾風迅雷書簡集』。これも関係者の頑張りで出たような本。山田風太郎が学生時代に、離れて暮らす学友に送った手紙をまとめたもので、大変面白く読めた。手紙に綴ったなかには、若かりし日の風太郎が書いた詩や句、絵なども見受けられ、その才能の片鱗を見ることができる。
 また、手紙は基本的に明朗でありながら、青年期ならではの鬱屈した部分、それは自分の夢や才能についての不安であったり、肉親たちとの軋轢であったりするが、そういう部分はやはり引き込まれてしまう。とりわけ終戦後の手紙はさすがにトーンが変わり、友人へのアドバイスもただ励ますだけでなく、現状を踏まえた厳しい内容になっているのが風太郎らしい。

 しかし先日読んだ『子不語の夢 江戸川乱歩小酒井不木往復書簡集』もそうだったが、なぜ昔の人はこうも手紙の持ちがよいのか。近年はもっぱらeメールしか使わなくなった自分を省みることしばし。

関連記事

Comments

« »

05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー