fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


半村良、他『新宿ミステリー傑作選』(河出文庫)

 久々の読了本は『新宿ミステリー傑作選』。まずは収録作から。

半村良「新宿に漂う哀愁」(エッセイ)
田中小実昌「たたけよさらば」
河野典生「深夜+2」
胡桃沢耕史「涙のヴァイオリン弾き」
柴田錬三郎「老優が自殺した」
藤原審爾「真夜中の狩人」
木谷恭介「墜ちて来た夜」
半村良「昔ごっこ」

 本作は河出文庫の御当地ものからの一冊だが、その他の傑作選と大きく違うのは、ハードボイルドや犯罪小説の比率が圧倒的に高いことだ。これは作者の顔ぶれを見てもわかるとおり、純粋な本格系の人は皆無である。結果として謎解き的興味が薄くなるのは致し方あるまい。そもそも新宿というダークゾーン、そしてそのダークゾーンに生きる人々を描くことに、作者たちの主眼は置かれているのだから。もちろん編者の意図もそこにあるはずだ。
 作品的には手練れの書き手が並ぶだけに失望することはない。だが比較的ライトな作風の作品が多く、「深夜+2」のように最初から遊び要素を打ち出しているものはともかくとして、もう少し苦いものや重いものを混ぜても良かったのではないか。確かにこの軽妙さも「新宿」の一面ではあると思う。しかし新宿が持つ怖さを前面に出した作品も読みたかった。大沢在昌の『新宿鮫』や馳星周の『不夜城』とまではいかないまでも。

関連記事

Comments

« »

03 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー