FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 レイ・ラッセルの『嘲笑う男』読了。早川書房の異色作家短編集の一冊だが、レイ・ラッセルともなると、ミステリファンでもあまり馴染みのある人は多くあるまい。どちらかというとSF畑のうえに、邦訳は本書の他にソノラマ文庫『血の伯爵夫人』、ハヤカワ文庫『インキュバス』がある程度だ。
 とはいっても、知られざる偉大なる作家、というわけでも決してない。正直なところ、異色作家短編集の中でもやや格落ちの感は否めない。つまらないというほどでもないのだが、切れの良さや味わい深さなどを比べても分が悪いのは確かだ。
 ただし本書のなかでも、巻頭の長めの短編「サルドニクス」は別格といってもよい。ゴシック・ロマン風のホラーだが、語り口が巧いので、ついつい引き込まれることは請け合い。ラストもちょっとしたオチをつけ、ただのホラーに終わらせない工夫を凝らしている。
 考えたら長篇で唯一邦訳がある『インキュバス』も、ホラーの形式をとってはいるものの、ラストで見事な一本背負いを食らわせてくれる作品だ。この人は短編よりも多少長いものの方が輝きを見せる作家なのかもしれない。
 最後に収録作。

Sardonicus「サルドニクス」
The Actor「役者」
The Cage「檻」
The Exploits of Argo「アルゴ三世の不幸」
The Sword of Laertes「レアーティーズの剣」
Montage「モンタージュ」
Booked Solid「永遠の契約」
Take a Deep Breath「深呼吸」
The Pleasure Was Ours(The House of Pleasure)「愉しみの館」
The Room「貸間」
I Am Returning「帰還」
Incommunicated「バベル」
His Father's House「おやじの家」
Last Will and Testament「遺言」
Rosebud「バラのつぼみ」
London Calling「ロンドン氏の報告」
Ounce of Prevention「防衛活動」


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





カフェレーチェさん

ラッセル ・ クロウとくれば、男の子ならリドリー・スコット監督の『グラディエーター』の方が先ですかね(^_^;)  彼はこれでアカデミー賞を取ってます。
残念ながら『 ビューティフル・マインド 』は観てないんですが、失語症になりながらのノーベル賞をとった数学者、それを支える奥様、って内容ですよね。調べたらこちらではゴールデングローブ賞を受賞しているようです。ううむ、これも観ておこうかな。
【2009/07/11 01:45】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

こんばんは。

作家さんの名前を見て、 「 ラッセル ・ クロウ 」 さんが思い浮かびました!
sugataさん、 『 ビューティフル・マインド 』 という映画、ご覧になりました?
アカデミー賞だったかな?!  何かの賞を受賞している感動作なんです!!
数学者のラッセル・クロウさんを献身的に支える奥様の姿にジ~ンときました。
ラストシーンが最高なんですよ!
ポロリと涙しました。
「 内助の功 」 は、私の理想の奥様像です♪

ごめんなさい、コメントの趣旨がズレてしまって...
【2009/07/10 20:54】 URL | カフェレーチェ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.