fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


スティーヴン・キング『不眠症(上)』(文藝春秋)

 判型がでかい上に分厚すぎるゆえ、どうしても後回しになるキングの新刊。『不眠症』も長らく積ん読だったが、正月休みを利用してついに着手することにした(といっても休みは今日で終わりだが)。

 主人公は日ごとに睡眠時間が短くなっていくという奇妙な不眠症に悩まされる老人。そして、それと平行して彼の周囲で奇妙な事件が起き始める……。
 相変わらずキングの書き込みが半端ではなく濃く、上巻では先述した主人公周辺の動きがみっちりと書き込まれている。特に序盤はあまり大きな動きもないため少々かったるく感じられてしまうが、まあ、これは毎度のことだし(笑)。その分後半に期待しつつ、下巻に突入。

関連記事

Comments

« »

03 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー