fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


マイクル・クライトン『プレイ-獲物-(上)』(早川書房)

 天下のベストセラー作家、マイクル・クライトンの最新作『プレイ』、といっても日本で出たのは今年の四月頃か。ハードカバーの上下巻というやつはなかなか読むタイミングが難しくて、早く読みたい作品にもかかわらず、とうとう年末になってやっと手をつけることができた。まあ、十年ものの積ん読とか平気であるので、これでも早い方なんだけど。

 ところで作品ごとにその時代の旬のネタを料理するクライトンだが、今回はナノテクノロジーにチャレンジ。ナノテクノロジーというのは、原子や分子レベルでの製造・制御技術のことであり、そのスケールは1mmの千分の一の、そのまた千分の一という超極微少な世界。それをジュラシック・パーク風に盛り上げているそうなので、またまた面白そうな話ではある。

関連記事

Comments

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー