FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 久々に金曜を代休にして、休みらしい休みをとる。おお、連休じゃ連休じゃ。でも日曜は仕事……。
 しかしながら、とりあえず読書で夜更かしができるというのはいいものである。ま、別に普段でも夜中まで本は読んでいるのだが、疲れているせいか、いつの間にか途中で寝ていることが多いし。

 で、一気に読んだのがアンドリュー・クラヴァンの『妻という名の見知らぬ女』。この人も安定していい作品を送り続けているとは思うのだが、どうもミステリから離れようとしている気がしてならない。キース・ピータースン名義のようなバリバリのハードボイルドでもよい、『真夜中の死線』のようなサスペンスでもよい、単純にミステリを書いてほしいのだが。ところが残念ながら、本書はそういう意味では期待を裏切る方向に行ってしまった。

 主人公キャルは田舎町でクリニックを開いている42歳の精神科医。美しい妻マリー、3人の子供たちと平和で穏やかな日々を過ごしていたが、ある放火事件で犯人の精神鑑定を行ったことにより、その平和な生活に亀裂が生じ始める。

 とまあ、導入部を書くと、女流サスペンス作家が書きそうな内容だが、実際、出来事としてはそれほど大きな話は起こらず、主人公の葛藤や不安が全編を覆っている。実はこういうのが個人的にあまり好きでなく、そのためルース・レンデルやメアリ・ヒギンズ・クラークもそういうタイプであろうと勝手に推測し、今までほとんど読んでいないぐらいなのだ。
 したがって、正直いって、本作もけっこう読み進めるのは辛かった。というか辛い思いをして考えながら読まないといけないタイプの小説なのだ、これは。そしてその辛さが終盤にピークを迎え、主人公の究極の選択という形で示される。ハッキリ言ってクラヴァンは正解らしい正解を読者に与えてはくれないが、この点は読者自らが考えなければならないところだろう。
 ミステリとして読まなければ悪くはない。ただ、クラヴァンはもっとエンターテインメントに向かってもらたいものだが……。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.